« 12/12 不良息子にお金だけ渡す親 | トップページ | 12/13 美しくない態度 »

2006.12.14

12/13 聖域ある構造改革

東上線の怠慢運転に憤る。
ふだんは最高速度時速70キロ~80キロで走る東上線(それでも遅く感じる)だが、遅れているにもかかわらず時速50キロぐらいで走って、志木駅に着く頃には5分遅れ。
志木駅の駅員が利用者に遅れて申し訳ないと大声で謝罪のアナウンスを入れ、運転士にあてこすったのはナイス。
混雑するし、それなのに前で座っている愚か者(顔はそのまんま東で服装はメンズクラブのまんま。胸にハンカチまで入れている)は足を伸ばしているし、腹が立つことばかりの通勤電車である。

●小さな政府構造改革の旗振り役の本間正明が、あれだけ公務員の特権、公務員削減を声高に主張していたのに、渋谷の公務員宿舎を借りていた。しかも、彼が借りている国家公務員としての籍は大阪大学教授。大阪の大学なのにどうして東京の官舎を借りれるのか。与党の御用学者にはいろいろ便宜を図ってもらえるらしい。まさに聖域ある構造改革だ。転勤で官舎がなくなって不動産屋をさまよう一般公務員はいい面の皮だと思う。

【追記】
実際に住んでいたのは愛人らしい。もてることは悪いことじゃないと思うので、私生活がどうであってもいいけども、自分のカネでやれ、と思う。公共財産を使って愛人宅を借りるのはどうか。本間氏お得意の財政構造改革のしわ寄せで、ばっさり給付がカットされることになった母子家庭の呻吟を聞くと、こんなこと許されるべきではない。我が国は政策決定に影響の大きいこういう国家公務員を放置しておいて、金正日のことが笑えるのだろうか。

小さな政府構造改革系学者は、口を開けば、どんな社会的弱者にも「既得権益」「抵抗勢力」と呼び、自分たちの原理論に見合わない現実は「改革が徹底しないからだ」と非科学的なイメージで世論誘導をしてきました。
ところが彼らの大半は、新たな産業(人材派遣業者など)の利権のために動いたり、こうして自分のコネクションが利用できる公共施設をタダや格安で利用していたりするのが実態です。
政府の審議会で、恩義も借りもないのに、特定の業界に有利な発言をして、タダで済むことがないというのは常識です。

売却の旗振り役の本間税調会長、「格安」官舎から退去へ  2006年12月14日00時49分朝日
 政府税制調査会の本間正明会長は13日、財務省で記者会見し、自身が東京・渋谷の一等地にある幹部用の国家公務員宿舎に住んでいることを明らかにし、近く宿舎から退去する考えを示した。本間氏は9月に経済財政諮問会議の専門調査会長として、財政再建のために公務員宿舎を含む国有財産の売却推進を求める報告をまとめていた。「役人の特権」と批判されている公務員宿舎に、売却の旗振り役が破格の低家賃で入居していたことになる。

 本間氏の官舎住まいは一部週刊誌でとりあげられ、批判されていた。本間氏は「不徳の致すところ。深く反省している」と陳謝する一方、大阪府内に自宅があるのに公務員宿舎に入居していたのは「諮問会議や政府税調の仕事が忙しかったため」と説明した。国立大学法人の大阪大教授でもあるので入居資格はあった。

 本間氏が官舎に入居したのは03年。3LDKで家賃は月約7万7000円だが、大手不動産会社によると、周辺の同クラスの家賃は50万円前後だという。本人は退去理由について、政府税調の仕事が一段落して教授の退職も来春に迫っているため、と説明している。

本間税調会長、愛人と官舎生活…税トップのモラルは?
 政府税制調査会の本間正明会長(62、写真)が、都内の官舎に愛人と同居していることが11日、分かった。官舎住まいの公務員などが国民の税金で甘い汁を吸う構図が問題視されている中、税制調査組織のトップにいる人物としてのモラルが問われそうだ。

 本間氏の官舎愛人同居疑惑は、11日発売の週刊ポストが報じた。

 それによると、本間氏は平成15年1月から、JR原宿駅から徒歩5分の東京・神宮前「東郷台宿舎」に部屋を借りている。部屋は上層階の96平方メートルで、民間の相場で50万円はくだらないとされるが、本間氏はわずか7万7000円で借りているという。

 その格差だけでも噴飯ものだが、大阪大学大学院教授である本間氏がなぜ東京の官舎を借りられたのか。実際、13年1月から今年10月まで務めた経済財政諮問会議議員としての東京での会議は、月3回程度しか開かれていないのに。

 しかも、同居人の届けが出されているのは本間氏の本妻だというが、実際は、同誌の取材に愛人関係であることを認め、「奥さんとは離婚調停中。結婚しようと話し合っている」。本妻も「北新地の女性らしい」と愛人の存在を承知しているが、「離婚の話は具体的にはない」と話している。

 本間氏本人は「個人的なことで、プライバシー侵害」と話しているというが、官舎を使った愛人との生活は個人的問題では済まないのでは…。(ZAKZAK 2006/12/11)

|

« 12/12 不良息子にお金だけ渡す親 | トップページ | 12/13 美しくない態度 »

コメント

実にまともなご意見です。今のマスコミは骨のない人間がもっともらしく喋っているので、あまり見なくなりました。本音の時代はこれからですね。

投稿: トトロ | 2006.12.14 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/13062446

この記事へのトラックバック一覧です: 12/13 聖域ある構造改革:

« 12/12 不良息子にお金だけ渡す親 | トップページ | 12/13 美しくない態度 »