« 12/12 非営利組織の専従者 | トップページ | 12/13 聖域ある構造改革 »

2006.12.12

12/12 不良息子にお金だけ渡す親

児童手当がまた積み増される見込みだ。子育てしていて、もらえるものはありがたいけど、助かる感じはしない。
公明党の参議院選挙の候補のビラがマンションのポストに投函されていたが(共産党なら無実の罪で逮捕されて、公明党ならいいのか。暗黒選挙だ)、その中で「児童手当を7倍に」と、公明党が与党入りしてから対象者が7倍に増えた実績を自慢していた。対象者を増やすことがよかったのかどうか私は疑問に思う。ワーキングプアの家に生まれてしまった子も、実質年収1000万円の家庭の子も、月1万の児童手当が出ていることに意味があるのだろうか。
同じ財源が7倍でも、それは貧困家庭や母子家庭や父子家庭にもっと集中的に手当を出した方がよかったのではないか。あるいは、現金じゃなくて保育サービスとか子育て家庭へのヘルパー派遣とか、現物サービスを出すべきだったのではないか。いろいろな反問が出てしまう。

教育再生会議やら教育基本法の議論で、親として責任を果たさない親が問題にされている。不良息子の親で一番ダメなのが、子どもとまともに話もしない、目も見ないで、アンタッチャブルに扱って「カネがたりねぇんだよ」と言われるままにお金を渡す親だ。国民が「お金がかかるから子育てしない」と言っているからお金を渡せばいいんだ、と、児童手当拡大には不良息子にお金を渡すような感じがしてならない。子育てなんて、女がやる為政者にはわからない世界だ、ごちゃごちゃ考えて下手に政治的に火傷するよりお金でも渡しておけばいい、そういうメッセージが取れる。そこには展望が全くない。

今度の児童手当は財源もまたあやふやで、これまた良くない。今、少し景気がいいからと財政の大盤振る舞いしているが、これでまた景気が良くなったらどう始末するつもりなのだろうか。
財政は今もって赤字なのに、必要な増税もせず、やり散らかしの放漫財政構造である道路特定財源をほぼそのまま残しながら、黒字企業に補助金をばらまくような法人税の大幅減税に続いて、子育て支援していますという言い訳のような児童手当の増額、ほんとうに大丈夫なのだろうか。景気が悪いときに財政を絞めて、景気が良くなったら放漫財政をやって、政府のニーズと逆なことばかりやっている。
きょうも歩く 過去の児童手当に関する記事

●タウンミーティングのやらせが「教育」と「司法制度改革」だけだったと報告する見込み。ほんとうか。この2つだけがやり玉にあがって、国会でも指摘されている「再チャレンジ」がなかったことになっていることがあやしい。

0-2歳の児童手当を一律1万円に…政府・与党決定
 政府・与党は11日、少子化対策の一環として、来年度から、0~2歳児の乳幼児の児童手当を一律月1万円とすることを決定した。

 現行制度では、第1、2子は月5000円、第3子から1万円となっており、第1、2子分を倍増する。塩崎官房長官が同日、財務、厚生労働両省の担当局長らと協議して決定したもので、与党にも伝えた。

 増額に伴う国の負担分は約260億円で、政府は2008年度中に国庫へ返納する予定の緊急雇用創出特別基金(06年度で1847億円)から支出する。地方負担分570億円は国の特例交付金を活用する方針だ。08年度以降は別の財源を検討する。事業主負担は約820億円と試算されている。政府・与党は、来年1月からの定率減税全廃による税収増の一部を財源とすることを検討したが、これを財政再建に充てたい財務省が難色を示していた。(2006年12月12日3時3分 読売新聞)

|

« 12/12 非営利組織の専従者 | トップページ | 12/13 聖域ある構造改革 »

コメント

なんにもしないのに文句ばかりいう議員よりはマシだと思いますけどね。うちは助かってます。


年収1000万ってのはよくわかりませんが
手当を受けるには所得の上限もあるんで、
上と下で差が出てしまうのは仕方ないんじゃないの?

こういうのは批判のための批判で
言い出せばキリがないでしょう。


別に何党でもいいけど、弱者の味方を
してしっかり実績を出してくれる人を
選びたいもんです。

投稿: とおりすがり | 2008.03.19 15:48

児童手当が弱者の味方でも何でもないことがわからないようでは困ったものです。子どもを育てている人は育てていない人より偉い、というインセンティブを与えているだけなんです。

子どもが保育所に入れず就労を断念した保護者は、もし働けたとしたときの月収が15万だとしても、保育料の差額約10万円を損しているし、社会全体では、その労働力がムダになって生産力がダウンしてしまったと言えます。たかが1万か2万ばらまくために、そうした損失があちこちの家庭で発生しているのです。

私は待機児童問題が深刻なときに保育政策に関わる仕事をしましたが、厚生省の役人が、児童手当と、税金の扶養控除と、幼稚園の補助と、保育園の補助金をガラガラポンしたら、まとまった財源できちんとした子育て施設が作れるんだけどもなぁ、と語っていたことを思い出します。

児童手当は、保育所や幼稚園の増設に反対しながら口に出せない人たちが、保育所整備のお金を国庫からなくすために思いついたことです。個々の親の状況や課題を無視して、ただ子ども一人あたりでばらまいてしまえば保育所なんかつくるお金はなくなる、保護者でこのことに反発できる人はいない、という算段です。小泉安倍政権の6年でようやくそんなばらまきやっても子育て支援にも少子化対策にも次世代育成にもならないとわかってきたみたいで、福田政権は、今さらさらに残り少ない財源で新待機児童ゼロ作戦などと言いだしていますが、どこからお金を調達してくるのでしょうか。

そんなこともわからずに、お金もらってありがたいと思わされている庶民は、奴隷根性もいいところです。

投稿: 管理人 | 2008.03.19 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/13046880

この記事へのトラックバック一覧です: 12/12 不良息子にお金だけ渡す親:

» 結婚件数と子供をどうしても増やしたければ経団連を黙らせろ [西野坂学園時報]
MSNに恋愛・結婚に関する広告記事を出しているのは、大手結婚相談所のオーエムエムジー(以下、OMMG)です。ちなみにアサヒ・コムで出しているのがサンマリエです。結婚相談所のくせに成婚件数を水増しした広告を出して公取から警告を喰らったばかりなのに、どうもあまり反省がないようです。 で、OMMGがWebアンケで相変わらず電波を吐きまくっているのですが、女性の69.5%は「自分より年収の低い男はお断り」なんだそうで、しかも男に求める年収の平均はだいたい500〜700万円なんだそうです。この数値は、... [続きを読む]

受信: 2006.12.16 06:50

« 12/12 非営利組織の専従者 | トップページ | 12/13 聖域ある構造改革 »