« 11/11 自殺の期限の日に考えること | トップページ | 11/14 愛国心があればコンビニでべた座りしなくなるか »

2006.11.13

11/12 東上線NPOネット

東上線NPOネットという面白いNPOグループが立ち上がったようだ。沿線でNPOが連携するというのが面白い。

埼玉県民といわれてもピンと来ないし、東上線に経費の倍以上の運賃を搾取され、県民税はみんな浦和か県北か埼玉高速鉄道に使われ、県民であるより、池袋を起点にした東上線沿線という属性がピンとくる。

また、東上線沿線地域、住民運動も市民活動も低調で、残念なことに自分たちで自分たちの暮らしを良くしてきたと誇れるものがなかなかない。何かを実現する前に、悪い評判ばかり流されて挫折した人の方が多い。
住民には東北出身者が多く、従順でおとなしいので、自治体に不満はなかなか持たないし言わない人が多い。だからってほんとうに地域に愛着があるかというと、その息子・娘である私の小学校や中学校の同級生たちはみんな外に出ていってしまっている。地域間競争が激しくなるから、新宿や池袋で呑んでいるヒマがあったら帰って地域で呑みたくなるような、地域でいろんな面白い人に会えるような、そんな地域にしていくことは大切だと考えている。このNPOネットには期待したい。

残念ながらコミュニティービジネスが中心で、ビジネスにならないNPOにも門戸が開かれるのか、気になるところがあるが、行政の区分けからNPOが自由になってやりやすいようにやるということは大事だと思う。

2006年11月11日(土)埼玉新聞
東上線NPOネット発足 団塊世代の支援も 12日、設立フォーラム
 
 自治体や企業などに共同でプロジェクトをPRしたり、コミュニティービジネスを立ち上げていこうと、東武東上線沿線のNPO法人六団体が、「東上線NPOネット」を立ち上げ、十二日午後四時三十分から、鶴ケ島市民活動推進センターで、設立記念フォーラムを開催する。私鉄沿線のNPOが一堂に集まり連携組織を結成するのは珍しいという。

 同ネットの幹事団体は、「東上まちづくりフォーラム」(志木市、柴田郁夫理事長)、「二十一世紀まちづくりの会」(鳩山町、長橋善朗理事長)、「まちづくり楽会」(東松山市、石川邦夫代表)、「エコ・コミュニケーションセンター」(東京都豊島区、森良代表)、「土と風の舎」(川越市、渋谷雅史代表)、「埼玉事業能力開発機構」(鳩山町、沢田進理事長)の六NPO法人。

 加盟団体は共同して、イベントなどのPRをはじめ各団体間の人材紹介やコミュニティービジネスを企画したりする。具体的には共同のホームページやブログを立ち上げ、「コミュニティービジネス人材育成」のための連続講座を企画、団塊世代の再就職や再就業支援をコーディネートする。

 十二日の記念フォーラムでは、幹事法人がそれぞれの活動内容を報告し、共同で実施するコミュニティービジネスの企画内容を発表する。入場は無料。

 同ネットは「市民団体一つ一つでは力が弱いので、連携することで自治体などに対する共同の実績を作って行きたい。団塊の世代の退職が始まるが、皆さんの知恵と経験が子育てや商店街の活性化など地域のビジネスに役立てられると考えています」などと市民の参加を呼び掛けている。

 問い合わせは同ネット事務局(電話048・476・4600)へ。

|

« 11/11 自殺の期限の日に考えること | トップページ | 11/14 愛国心があればコンビニでべた座りしなくなるか »

コメント

今回の東上線沿線民による
市民団体は大きいかと思います

是を中心に埼京線や高崎線等を含め全国的な普及に繋がりますね

質問ですが
埼玉県北部に対する投資は反対の理由を教えていただけませんか?

投稿: 如月瑞穂 | 2006.11.13 19:39

東上線以外にこうしたNPOの協力の必要があるかどうかはわかりませんが、行政の区分から自立した結束を作ることに意味があると思います。

県北の投資に反対云々ではなく、県北や浦和に偏った投資が行われる支出の構造が問題だと書いています。東上線沿線住民の立場としては、ただ税金を払わされているところにいる、ということについて批判しています。もっとも、東上線沿線も平等に扱え、ということになると、結果的にはこれまで大切にされてきた地域への投資は削減さぜるを得ません。

これまで若くて元気ということで、社会政策について成り行きまかせでやってこれた埼玉県ですが、これからは少子化対策と家族の支援をあてにできない高齢者の急増という往復びんたで、他の都道府県より財政的には厳しい環境におかれると思います。

投稿: 管理人 | 2006.11.13 21:27

黒川さん
お返事ありがとうございます
私は毎日ブログを読ませていただいていますが
毎回触れる記事に付いて
考えることがあります
こうして日本や埼玉県のことについて真剣に考えていることが伝わってきます

私親戚は北区にちかい大宮区ですが
大宮市からさいたま市になってから不便になり税金がみんな旧浦和市に搾取され浦和の植民地になっているとまで行っていました

私も元川越市民としてこれ以上の浦和の発展に関し正直疑問に思います
浦和駅付近は位置中間駅にもかかわらず高架事業と湘南新宿ラインの浦和駅停車の計画
高崎線・東北線の浦和駅停車といい私も不満があります
もっと川越市や埼玉県西部にも投資して欲しい確かに感じます

投稿: 如月瑞穂 | 2006.11.14 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/12664834

この記事へのトラックバック一覧です: 11/12 東上線NPOネット:

« 11/11 自殺の期限の日に考えること | トップページ | 11/14 愛国心があればコンビニでべた座りしなくなるか »