« 10/18 死なせるぐらいなら学校に行かせるな | トップページ | 10/20 学校はなぜ障害者を雇わない »

2006.10.19

10/19 安倍晋三の思惑超えて暴走する教育再生会議

教育再生会議は正確な議事録を出さないということ。事実は真実ではない、などとノーベル賞科学者の座長が記者会見で答える。規制改革会議のときにも指摘したが、もちろん民主主義社会の手続論として問題があるばかりではなく、議事録に掲載される議論というのは真実を表現していないと科学者が宣ったわけで、これは科学者としての資質を示すものになるだろう。かねてよりこの人の教育の議論については、論理的な内容がないと疑問を感じている。

その野依氏の答弁に、こうした反動教育を煽ってきたあの山谷えり子でさえも、要約は出すからととりなすぐらい。でも要約ではそれぞれの委員がどんな話をしたのかわからない。みんなの大事なものを動かすのだから、きちんと監視される必要があるのではないか。

「元ヤンキー元教員」の義家氏については、今日は毎日新聞のインタビューに出ていたけど、言っていることがおかしい。「適切な負荷をかけ続けることで子どもは育つのに、学校教育は何もかも個性や自由が出発点で、成長に責任を持てなくなっている」と。この人の教育の考え方の本質が見えたと思う。
だいたい今の学校教育が、いつ「何もかも個性や自由」を出発点にしてきたというのか。どんなに自由な学校だって個性や自由なんか尊重したことはない。権力的従属で子どもを従わせ、現実を直視しない体質しかないではないか。問うべきは仕事としての責任放棄であって、イデオロギーの違いの問題なのだろうか。ばかばかしい。「元ヤンキー」ということで反権力みたいに見せて、事実反権力的志向の強い学校を踏み台にして有名になり、現場を棄て、最後は権力に従属するとは、ズルさを感じざるを得ない。

安倍晋三氏の教育への暑い思いを超えて、教育再生会議のトンデモぶりに、議論はどうなっていくのやら、各委員の信念と称する思いつきがどう転んでいくのか心配でならない。議事録も公開されないから、どんなトンデモ発言をしても思いつき発言をしても責任を問われない。他の委員の記憶の中だけだ。規制改革会議よりも利権に絡まないだけに、よけい現実に遊離した議論が展開されるのではないかと心配する。
数年後には、子どもたちに教育とは別の生きる場所を見つけていくことが必要になるかも知れない。

|

« 10/18 死なせるぐらいなら学校に行かせるな | トップページ | 10/20 学校はなぜ障害者を雇わない »

コメント

久しぶりに書き込ませていただきます ― といってテーマに直結することもあまりないのですが…。
 義家氏に関しては、いちいちURLを示しませんが、タカ派/右系(という呼称もヘンですが)の諸ブログでは“あんな反体制、左翼は引きずり下ろせ”が嗷々ですね。ググッていたら、非難以外にも、最近の転身ぶりについて、たとえばこんなブログ http://blog.livedoor.jp/sigumania_desu/archives/14405910.html が。さまざまなコメントがスゴい^^;。ちょうどこちらで水谷修氏を取り上げたときの感じが…。水谷さんと同じく、義家さんに実際に触れたり、講演や著書で影響を受けた人が彼に失望したり、擁護したり、ということなのですが、この種の‘熱血先生’に対する敬愛って、異様にエモーショナルなのが気になるなあ。大半の中学生などは、学校の教師に対しては反対に異様にドライなようなのですがね。
 この種の‘熱血’とは全然異なるハナシですが、専門学校職員の鳥居徹也という人が、「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」という巡回講演のようなものを行なっているとのこと http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20051003ur01.htm 。 正社員とフリーターの生涯賃金差は、なんと2億円なんだよ、で始めるそう。テレビでも報じていて、聞いた小学生は「がんばってフリーターになんないようにします」と嬉々としていましたが、お父さんがリストラでアルバイトになっている子は、キツいだろうな、などと想像。もちろん、この種の認識を子どもに持たせるのは、無駄ではないことではあり、こちらの「9/19 基礎年金と高齢者生活保護の違いがわからない」でご指摘の、
> 大学院生は何とかなるみたいな思い込みがあるが、文部科学省の省益のために大学院をここまで増やすと、大学院卒にふさわしい安定した職場を用意できる保障はない
という現実に見事に引っかかっている私^^;のような高齢フリーターを増やさない方向づけなども、なくてはならないとは思うのですが、企業・官庁も学校も、パート・非常勤のとめどない激増を推し進めてゆくだろう中で、“こういう教育をちゃんとやっているのに、その上でフリーター、非常勤に甘んじている手合いは、そもそも自分の意思で餓死を選んでいるか、さもなくば本人に決定的に問題があるのだ”という‘了解ずみ’の印象(現在もすでにある ― 当事者も)を、より強固にする機能を持つでしょうね。
 鳥居氏の著書には、こんな評 http://d.hatena.ne.jp/ote/20060415 が見えます。

投稿: へうたむ | 2006.10.24 01:46

義家さんが講演稼業やっているうちは信者囲っても、騙される信者が悪いと言えますが、今度は権力を動かすところにいるわけですから、本当に慎重になってもらいたいと思います。
紹介ブログの義家擁護派は、義家氏の人生の問題みたいに捉えていますけども、教育行政を変える重要な立場になったわけです。「彼の人生」じゃないんです。そのところ全然わかっていないコメントが続いていますね。教育って、どうしてこうもシステムの問題と個人の意欲や問題との混同した議論ばかりされるのか、と思います。教育に関心のある政治家や学者の質が戦前のまま上がらないわけです。
後段のフリーター教育について、どうしてこうなのかと思いますね。ケインジアンの私は、政府(それから民主党も)の財政政策のミスが最大の原因だと思います。今みたいに、有名大学さえ出ていればどこでも就職できる子と、昨年までの卒業生のように、有名大学出て、名もない企業で雑用させられている子たちの間に意欲と努力の問題で片づけられるものなのか、疑問です。

投稿: 管理人 | 2006.10.24 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/18 死なせるぐらいなら学校に行かせるな | トップページ | 10/20 学校はなぜ障害者を雇わない »