« 7/30② 観念左翼に似通うウヨク議連 | トップページ | 7/31② 保育所が入所者を選ぶ制度に変わるのか »

2006.07.31

7/31 再チャレンジなる言葉の正体

夏風邪で家で休む。北野武「余生」を読む。芸能人の自伝ってあまり読まないが、北野武には魅力を感じていたし、渋谷陽一のロッキングオンが出版していたので手に取った。

●安倍晋三が「再チャレンジ」だとかで、経団連の御手洗会長に、雇用の流動化をどんどん進めていきたいので協力してほしいと申し入れたようだ。
安倍の「再チャレンジ」って詐欺商法だと思う。誰のための再チャレンジなのか。失敗した人、運が悪かった人にもう一度能力をつける機会を設け、就業機会を増やして再度社会で活躍する機会をつくっていくことではないのか。
そうであるなら、失業者や格差社会を生み出している経済界に話を聴くよりも、職安や派遣会社の面接会場の前、ホームレスのいるところで、パフォーマンスでもいいから当事者に話を聴くのが先ではないだろうか。

再チャレンジとかうまいこと言って、経団連にさらなる低賃金労働を供給する仕掛けを用意し、一方で北朝鮮とたたかうパフォーマンスなどとからめながら、この間の厳しい社会状況の中でつくられたルンペン・プロレタリアートを鰯の頭でだまくらかそうというのが魂胆なのだろう。

どういうわけか失業問題は雇用流動化で解決できるというとんちんかんな議論がまかり通っている。本来は、再就職できる、という一点を重視するべきなのに、なぜか解雇権を拡大することばかりが強調される。
流動化は、就業機会も増やすけどそれ以上に失業機会も増やす。雇用差別の中で、労働者間でとめどもない低賃金競争が行われる。今朝の朝日新聞の一面では、御手洗会長のお膝元のキャノンでの「偽装請負」が行われていることが告発されている。一流メーカーの工場で働く請負労働者。請負なら請負会社が仕事の指示をしなくてはならないのに、なぜかメーカーの現場監督者が仕事の指示をする。文句を言ったり組合的なものを作ろうとする若者は容赦なく「仕事がなくなった」ことを口実にクビを切られる。
ただ使われるだけ、待遇も最悪で、やっと食べていくだけ。拉致されるように工場のある土地を渡り歩く。請負業者の指定するアパートに強制的に住まわされ、その土地にしては高い家賃を払わさせられる。そして時給がわずかに上がったの下がったので能力が認められたの否定されたの、荒んだ人間形成が行われる。こういうことを拡大していくことが再チャレンジの実態なのか。

●イスラエルの非道な殺人に、国連で決議が行われるが、非難決議が議長声明になったらしい。非難決議とするのに「アメリカなどが反対」と報道されているが、「など」とはどこの国か、非常任ながらも安全保障理事会に席をもつ日本がどのような判断をしているか全く報道されない。国連分担金の滞納など日本の国連外交のご都合主義について、河辺一郎氏「日本の外交は国民に何を隠しているのか」で明らかにされている。
自分の国が危機のときには、強硬に突っ張っておいて、実際に死人が出ている非道な行為に、アメリカと一緒になってブレーキをかける役回りをしているなら、北朝鮮の制裁決議なんか通せるわけがない。

●JR東海は南びわ湖駅の建設中止の交渉相手に滋賀県を認めず、建設促進派の自治体・栗東市を逆指名。債務不履行で訴訟までちらつかせてお金を出させるのに、交渉相手として認めないとはどういうことだろうか。JR東海は税金泥棒会社だ。滋賀県は淡々と補助金支出を打ちきればよい。結論が決まっているのだから話し合いはいらないのではないか。県の金をあてにしているクセに、JRも栗東市も偉そうだ。JRと栗東市がつるんで民意に挑戦するなら、栗東市が単独で市民やら隣の市町村から借金して駅でも何でもつくればよい。次回の関西方面の遠出は飛行機に切り替えよう。

|

« 7/30② 観念左翼に似通うウヨク議連 | トップページ | 7/31② 保育所が入所者を選ぶ制度に変わるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/11164738

この記事へのトラックバック一覧です: 7/31 再チャレンジなる言葉の正体:

« 7/30② 観念左翼に似通うウヨク議連 | トップページ | 7/31② 保育所が入所者を選ぶ制度に変わるのか »