« 7/30 ほんとうの危機管理 | トップページ | 7/31 再チャレンジなる言葉の正体 »

2006.07.30

7/30② 観念左翼に似通うウヨク議連

あすまでに提出のあるレポート公募、出そうか出すまいか悩んだけど、利益背反みたいな構図になるので、やめた。

●民主統一同盟についてあれこれ調べていたら、ある地方議員の議連のサイトを見つけた。見事なまでのステロタイプな右派議員の主張だった。

かつてはステロタイプは左派議員だけのおはこだった。平時に保守と共闘とか、行政改革での共闘とか言っても、結局は安全保障問題とか、公共料金の引き上げや消費税の増税になると、元の木阿弥みたいなところに落ち着く。ときに社会主義の最良の正義と矛盾してでも。

それと同じことが今の右派系の地方議員たちにおきている。昭和天皇の靖国発言メモが出ようが、対北朝鮮強硬政策が裏目に出ようが、現実世界で女性がどんどん働き始めていようが、離婚家庭を中心にセーフティーネットの底割れが起きていようが、現実を全く踏まえないステロタイプな右翼的主張を繰り返す。攻撃対象を、偏向教育→親北朝鮮→男女平等→性教育推進→そしてこれからは子どもの権利と、焼畑農業的に転々と戦線を広げている。で焼畑を続けて残った土地がだんだんなくなっていることに気付かない。

戦後民主主義の優等生である左翼勢力が崩壊状況にある中で、彼らは今、勢いがあるが、こうしたステロタイプの行動ばかりやっていると、やがて左翼勢力のように、見放されると思う。批判の方向性は俗論に溶け込む要素をもっているが、細論や、彼らの批判のやり玉の事例はかなり歪曲したとらえ方をしている。左翼議員が「非核自治体(なぜか反核自治体ではない!)宣言」を通させるのに躍起になって、それだけのための存在でしかなくなってきた過去を全然学習していない。

今、彼らは男女平等施策、とりわけジェンダーの解消や性教育に猛烈なバッシングを行っているが、その中で、性器のついた人形を使った性教育が批判している。
この人形を使った教育は、抽象的なことを教えるのが難しい知的障害者の性教育を、教員たちが知的障害の子を守るためにあれこれ試行錯誤しながらたどり着いたやり方なのだ(この本当の事情をうまく書いたブロガーがいたが、今や検索サイトでは下らないウヨク言説のサイトで埋め尽くされて出てこない)。ウヨク言説大好きな議員たちは、複雑な事情を抱えた障害者やその家庭を考えたことも触れたこともないから、そういう背景事情を一切考えずに、観念的に左翼教育批判やフェミニズム批判としてやり玉に挙げ、障害児教育に全くスキルのない教育委員会等に圧力をかけ、結果として知的障害者を性的被害から無防備にしてしまう。こうした批判のやり方を続けていると、過大にアメリカを批判し、過大にソ連や中国を評価した左翼の末路のようになるだろう。

また、彼らの子どもの権利条約批判など見ていると、先進国には必要がない話、子どもが人間として大切にされることと社会全体がお子さまランチ化されることを混同している。お子さまランチ的な迎合が人権保障のレベルじゃないことぐらい、わからない人間が自治体とはいえ立法府にいる。
先進国日本で起きている、しつけと称した児童虐待、体育会系部活での生存まで脅かす人権蹂躙、教育水準の低下によって貧困層に教育機会が保障されない現実など、そうした現実をどう捉えるつもりなのか、どういう正義をうち立てて改革していくのか、回答がみつからない。逆に、彼らの論理で言えば、学校で左翼イデオロギーにもとづいた間違った事実を教育することの問題は、子どもの権利の視点から批判することが有効ではないのか。
さらに付け加えると先進国で子どもの能力低下をうまく回避している国は、まさに子どもの権利条約にのっとった国内施策を充実させている。それができていない国はワーキングプアとかニートを大量発生させている。

日本の国に誇りを持ちたいけど、こんな人たちの理想としている国には何も共感するものがない。逆効果だと思う。

ブログのトップのコメント

私たち地方議員は、かつて幕末の坂本龍馬らが幕藩体制を倒幕した草莽の志士のごとく、地方議会から「誇りある国づくり」を提唱し、日本を変革する行動者たらんことを期す。

あ~また坂本龍馬ですか。維新の志士気取りはいつまで続くんでしょうね。
ちなみに私は、地域福祉の推進、リサイクル社会、恒久平和の実現、地域経済の自立という視点から、幕藩体制の復活という非現実的な革命思想ももっています。現実的には分権をベースにした社会民主主義の実現ですが。

|

« 7/30 ほんとうの危機管理 | トップページ | 7/31 再チャレンジなる言葉の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/30② 観念左翼に似通うウヨク議連:

« 7/30 ほんとうの危機管理 | トップページ | 7/31 再チャレンジなる言葉の正体 »