« 7/21 埼玉高速鉄道社長が神奈川県知事選へ立候補か? | トップページ | 7/22 石川県が子育て版ケアマネを創る »

2006.07.23

7/22②公共サービスがパンクする武蔵小杉

川崎市の武蔵小杉駅周辺に超高層マンションが林立することになるらしい。人口も15000人増えるという。

人口が増えれば繁栄、開発の成功という、ラットの子孫繁栄に擬した神話が信じられていた時代ならともかく、現在において急激な人口増は、公共サービスの急激な整備を求め自治体財政を悪化させたり、地域社会の多様化を阻害したり、さまざまな弊害を呼ぶ。朝日の記事でも法政の五十嵐敬喜教授が指摘しているような問題がおきそうだ。

勝ち組スポットだけを結ぶ人気の東急東横線沿線だからそれなりに売れるんだろうけど、保育園に入れないわ、災害対応能力はないわ、そもそも工場地帯のマンションなので日々の買い物も苦労するわ、もともと混雑している東横線には乗りきれないわで、生活の変化や危機がやってきたら大変な思いをしそうだ。売った不動産屋だけが喜びそうだ。

●版画をやっている友だちが表参道で年に一度の版画展を開いているので訪ねる。
往路は池袋から延々バスで行く。道路渋滞がなくなって遅れるどころかダイヤより早めに動く。田舎のバスみたいに、ところどころで時間調整する。
帰路は表参道から地下鉄で帰る。案内板に「ご注意ください」と「東武の車両が来ます」が交互に点滅する。鉄道マニアじゃあるまいに、東急田園都市線の乗客は来る電車の車両で乗ったり乗らなかったりするのかな。嫌な感じ。

武蔵小杉に超高層マンション建設ラッシュ2006年07月22日13時23分朝日新聞
 川崎市中原区の武蔵小杉地区で、超高層マンションの建設が相次いでいる。約800メートル四方のエリアに国内最高層となる59階建てを含む計9棟の建設が同時に進む。都心への便がよいことから、団塊ジュニア層への売り込みも過熱気味だ。数年前、東京湾岸のマンション販売競争が「湾岸戦争」と呼ばれたのになぞらえ、業界には「武蔵小杉戦争」と呼ぶ声も。一方、都市計画の専門家は、街づくりやコミュニティー形成の問題も指摘する。
超高層マンション群の建設が進む武蔵小杉駅前一帯=川崎市中原区で、本社ヘリから

武蔵小杉駅周辺の開発計画

 元々工場の集まる街だった武蔵小杉は、東急東横線で東京・渋谷と横浜からそれぞれ約20分。JR南武線の駅もあり、09年度には横須賀線の新駅もできる。その利便性に注目した開発業者が、バブル後のリストラで企業が売った工場跡地などを購入していた。

 東急東横線の駅東側では三井不動産などが、47階建て(643戸)と国内最高層となる59階建て(794戸)を建設中だ。元々は銀行の運動場。93年に取得後、駐車場にしていたが、70年代生まれの団塊ジュニア世代が住宅購入期に達したことなどが開発を後押しした。約70平方メートルで4000万~5000万円台。「問い合わせは9000件。『団塊ジュニア』と呼ばれる30代が3割、次に40代が2割にのぼった」(同社)

 近くのサッシメーカーの工場跡地では、伊藤忠都市開発と東京建物などが49階建て(689戸)を建設中で、第1期分譲で400戸を販売。こちらも購入者の半数は30代だ。

 こうした中、近くで操業中の輪転機メーカー、東京機械製作所は「仮に移転するなら跡地開発は東京建物と組む」と、わざわざ公表した。「今のところ計画はないが、他社からの接触もあったため」という。一方、鹿島が建設中の47階建て2棟は、民間ファンドが購入して賃貸する。

 川崎市によると、再開発されるのは計約37ヘクタールで、約1万5000人が暮らすと見込む。道路の一部は拡幅するが、広場の整備などは業者に任せた。担当者は「民間主導の再開発なので、企業がいくら投じたかもわかりません」という。

 都市問題に詳しい法政大学の五十嵐敬喜教授は「これほど一気に超高層住宅ができる例は海外にはない。同世代が一挙に入居すると、教育問題や高齢化も同時に起きる。しかも超高層は老朽化時の管理が大変。それらを考えた街づくりなのか疑問だ」と話している。

|

« 7/21 埼玉高速鉄道社長が神奈川県知事選へ立候補か? | トップページ | 7/22 石川県が子育て版ケアマネを創る »

コメント

>案内板に「ご注意ください」と「東武の車両が来ます」が交互に点滅する。鉄道マニアじゃあるまいに、東急田園都市線の乗客は来る電車の車両で乗ったり乗らなかったりするのかな。嫌な感じ

かれこれ10数年東急田園都市線の乗客です。そんなわけないです。それこそ偏見というもので、見慣れない電車が乗り入れていることを明示化しているだけだと思います。弱冷房車の位置も違うようですし。嫌な感じ、と思われるのは良いですが、大多数の乗客はそんなこと考えていないでしょう。たぶん。

投稿: Pinxterbloem | 2006.07.25 09:51

> 東急田園都市線の乗客は来る電車の車両で乗ったり乗らなかったりするのかな。嫌な感じ。

東急・メトロ・東武の3社で、車内の設備が異なります。
優先席の位置や女性専用車両、弱冷房車の位置など、いまでも統一しきれていないため、どの所属車で運転しているかを明示しています。

都営浅草・京急・京成のように、早期から直通運転を計画していた路線であれば、そのあたりは事前に統一していられたのですが、あの路線は直通計画が具体化したのが結構後だったため、直通から数年たった今でも、あのような表示をしなければならない事情があります。

メトロ線内ではそれほどの違和感はありませんが、田園都市線内に東武のマークを掲げた車両が入ってくるのは、やはり違和感がつきまとうそうです。あまりに見慣れなさすぎますからね。


ちなみに東横線では、東急車の乗り入れは北千住まで、東武車の乗り入れは中目黒までで分断されており、このような光景はみられません。

投稿: gtk | 2006.07.26 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/11063405

この記事へのトラックバック一覧です: 7/22②公共サービスがパンクする武蔵小杉:

« 7/21 埼玉高速鉄道社長が神奈川県知事選へ立候補か? | トップページ | 7/22 石川県が子育て版ケアマネを創る »