« 6/28 増税してくれと云わせてくれ | トップページ | 6/29 おれは煉瓦を積んでいるのさ »

2006.06.28

6/28② 猪口邦子少子化担当相はほとんうに学者だったのか

猪口邦子が地方自治体も福祉や教育でお金を使ってばかりいないで児童手当で血を流せとバカな発言をした。

児童手当が政策効果をどのように挙げたのか、立証したのだろうか。学者出身の大臣なのだから、自治体に浪費を迫るなら、それぐらいやってからだろう。私は児童手当などに政策効果などないと思う。少なくとも少子化対策という点では全くないと思う。国からもらう手当のために、妊娠のためのセックスに励む人の顔を見てみたいものだ。

福祉ではニードといい、システム開発では真因分析というが、ユーザーの直接的な要求をそのまま実現しても問題解決にならないことがあるから、要求の背景にある問題を見つけだし解決の手だてを考えることが大事だという考え方で仕事をする。

児童手当増額論を主張する人は、様々なアンケートで「子育てにお金がかかる」という回答がいつも多い、と引き合いに出す。しかしその回答にはずいぶんいろいろな解釈ができるし、そうした回答の選択肢を与えているアンケート自体が安直なのではないかと思う。
保育料が高いと感じる人もいるし、私塾に通わすコストがかかるという人もいるだろうし、ミルクやおむつなど生存すれすれのものにお金がかかると感じている人もいるだろう。かかっているお金とはいくらぐらいなのか、という感覚も千差万別で、「子育てにお金がかかる」という回答が多いからと、政策決定に直結できるようなものになるとは思えない。

例えば私塾に行くのがお金がかかるというなら、私塾に行かなくてもいいような公教育にすればいいし、逆に、私塾に通って一定の教育水準を獲得できれば、義務教育課程をふんだとみなす教育制度にすればいい。そうすれば二重教育にお金を払う必要はなくなる。「生徒指導」だとか「日の丸・君が代の徹底」だとかコスト意識のないムダばかりやっている今の公教育にお金を漫然と使うより効率的だ。
一方、ミルクやおむつなど生存すれすれのお金がない家庭は、子どもができたから貧しくなったとは思えない。もともとの保護者の家庭環境が、母子家庭だったり、失業者だったり、経済的弱者である可能性が高い。であるなら、就職斡旋だとか、職業訓練だとか、ひとり親家庭向けの所得補償政策をやって、そこに集中的にお金を投下すべきだ。

かつて、「お年寄りにやさしい」と長寿祝い金をばらまいていた自治体がたくさんあった。元気な年寄りだけがその金で楽しい思いをし、要介護の年寄りは、その金を家族に召し上げられ、満足な福祉サービスもない中で、家族介護にすがるしかなかった。お金はくれるけど家族も本人も地獄という状態だ。今みたいに高齢者福祉がある程度のレベルに達すると、長寿祝い金など誰も評価しなくなった。極端なことを言うと、児童手当もこの長寿祝い金のような意味しか持たないのは明白だ。

地方自治体も財政協力を 猪口氏、少子化対策で共同
 猪口邦子少子化担当相は28日、都内の日本記者クラブで記者会見し、政府がこのほどまとめた新たな少子化対策について「地方自治体でも財政面で工夫していただかなければならない」と述べ、財政面での手当が少子化問題の解決に重要との考えを示した。
 新たな少子化対策は、児童手当への乳幼児加算の創設など経済支援の拡充を盛り込んでいる。猪口氏は「国は公共事業を切って少子化対策に予算を充てる流れをつくっている」と強調。「地方も社会保障や福祉の分野だけでやりくりするのではなく、大きな世界で勝負しなければ駄目だ」と述べ、予算全体の見直しが不可欠とした。

|

« 6/28 増税してくれと云わせてくれ | トップページ | 6/29 おれは煉瓦を積んでいるのさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/10715450

この記事へのトラックバック一覧です: 6/28② 猪口邦子少子化担当相はほとんうに学者だったのか:

» ススキノの約束……猪口大臣が企む究極の少子化対策 [西野坂学園時報]
以下は、低能老人どもがぎゃーぎゃー騒いでいる少子化問題に関連して、私がちょっとだけ考えた暴論です。そのうちこいつらはこういうことを言い出すのではないだろうか、と。 以下、私も愛読する虚構新聞のような虚構記事を書いてみます。 若者に性交力を……少子化問題で猪口大臣 NEET(Not in Erection,Ejacuration or Training for having sex)とは「勃起しておらず、射精しておらず、性交に向けた訓練をしていない」15〜34歳の独身及び妻帯者のうちセッ... [続きを読む]

受信: 2006.06.29 14:39

« 6/28 増税してくれと云わせてくれ | トップページ | 6/29 おれは煉瓦を積んでいるのさ »