« 5/21② 権力者に都合のよい権利と義務論 | トップページ | 5/23② 営業から学ぶ理由と営業がダメな理由 »

2006.05.22

5/22 山本孝史さんの快癒を祈る

民主党の山本孝史参議院議員ががんに。過日、テレビの映像で激しく痩せて出ていたので心配していた。
山本議員は、あしなが育英会の事務局から議員に転身し、当事者の権利を大切にする民主党の福祉政策を作り上げてきた議員。競争原理やマッチョ体質、維新の志士が大好きなオス臭い民主党の中で、そういう感覚ではつかめない、政治がやらなくては解決できない課題に誠実に向き合ってきた議員。いなくなれば民主党の福祉政策の質が大きく下がることは避けられない。ほんとうに心配で、快癒を祈っています。

今、当事者として取り組んでいるがん対策のための総合的な政策を、与野党、利害を超えて当事者のために合意してほしい。

●一方で、10月の神奈川16区の補欠選挙に、民主党は、週に1回何かを実現するという自称「実現男」後藤祐一を擁立することにしたらしい。ブログを読んでいると毎日遊んで暮らしているみたいだ。そして阪神乗っ取りの村上と同じ経済産業省出身。
また悪い病気が始まった。戦略性も感じない。高学歴で突飛で目立っていればそれでいい、という感覚で候補者を選んで選挙区に押しつけてくるのは、野党第1党が公器であることをわきまえないおごりでしかない。民主党の中枢部は2ちゃんねるしかやっていないのだろうか。こんな候補擁立を続けていると、再びあの手この手の自民党にやられるだろう。不まじめなことをすると痛いしっぺ返しが来るということをわかっていない。

民主・山本議員、がん告白・法整備求める…参院本会議
 民主党の山本孝史参院議員(56)は医療制度改革関連法案の質疑が行われた22日の参院本会議で、「がん患者として本日の議題について質問します」と述べ、がん対策に必要な法整備に与野党一体で取り組むよう求めた。

 民主党は今国会に「がん対策基本法案」を提出し、自民、公明両党も同様の法案の提出を準備している。

 山本氏の質問に対し、小泉首相は答弁で、「国会で十分議論して欲しい」と答えた。

 山本氏は、大阪府選挙区選出で参院当選1回、衆院当選2回。がんは昨年見つかったという。山本氏は本会議終了後、記者団に「(がん患者には)限られた時間しか残っていない。(対策は)次の国会でいいとは思えない」と語った。
(2006年5月22日19時36分 読売新聞)

|

« 5/21② 権力者に都合のよい権利と義務論 | トップページ | 5/23② 営業から学ぶ理由と営業がダメな理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/10190957

この記事へのトラックバック一覧です: 5/22 山本孝史さんの快癒を祈る:

» ◆衆議院神奈川16区補欠選挙 [例:にしんを食べると怒らない]
5月12日亀井善之元農相 が逝去。 公選法の規定により10月22日投開票(10月10日告示)の統一補選日程での選挙が予定される。   衆議院神奈川16区に属する地域 相模原市(第14区に属しない区域)、厚木市、伊勢原市、愛甲郡、津久井郡 神奈川県選挙管理委員... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 22:56

« 5/21② 権力者に都合のよい権利と義務論 | トップページ | 5/23② 営業から学ぶ理由と営業がダメな理由 »