« 5/17 埼玉は障害者が就職しにくい県 | トップページ | 5/18 ほちいほちいという子どもみたいな議論 »

2006.05.17

5/17② 情けない話ばかり

●民主党の教育政策がよくわからないし、断片的な言葉はほんとうに品がない。福祉とか教育政策には勉強不足な議員が多く、勉強不足な奴ほど威張って政策をねじ曲げるのが民主党の特質だ。次の政権交代で政権を担当する政党はセーフティーネットをつくれるかどうかが試されているのに、今は無能力状態だ。戦後の教育を批判するなら、明治維新から戦前までは歪んでなかったのか。きちんと整理してほしい。

●クローズアップ現在で多国間協調政策を進めるアナン国連事務総長のインタビュー。クリントン時代の理想に惚れ込んでやってきた人だという感じがした。
河辺一郎「日本の外交は何を隠しているか」(集英社新書)では、日本政府、はアメリカに負けず劣らず国連分担金を滞納している国で、そのことを国民に隠し、アメリカだけが滞納しているようなウソ情報を流して国民を信じ混ませている。国会議論も与党も野党もその情報に騙されているという。
外務省は、外務大臣演説時間が確保されたり、国連の要職のポスト捕りが成功したり、アメリカの与国として一緒になって圧力をかけることに成功した後に、滞納した分担金を納入しているという。さらに恥の上塗りに、米軍再編経費の1%程度の国連分担金を、高すぎるの非効率だの何のといって、見直し要求を出しては、アメリカと一緒になって、アナン事務総長やそれに同調する国々を脅かす。ひどい話で国辱だ。
佐藤優の現代の記事も笑えた。川口順子外相時代に川口が優秀な職員を川口賞として表彰し、赤シャツをプレゼントしていたという。本人たちは小泉改革への忠誠の印なのかもしれないが、たかが赤シャツを栄誉だと思っているとは情けない。

●ネットの利用環境についてあれこれ言うのは下品な感じがしますが、どうにも使いにくくて。

ニフティー・ココログがめちゃくちゃ遅い。社長もブログでわびているが、本音は我慢しろ、と言っているだけ。何が原因で遅くなり、どんな対策を打とうとしているのか、まったく情報開示がない。
どういう料簡で既存の有料客に迷惑かけて、無料開放などするのか。無料開放してから使用にたえられないほどレスポンスが遅くなっている。そこまでして無料客を甘やかすのには、どこから金が出ているのか。下手なスポンサーのために、まともな利用客が我慢しなくてはならないのか。ニフティーやココログは利用料で育てた世界だ。有料客をまず優先して扱ってほしい。
こんな状態が続くなら、村上ファンドが上場している親会社の富士通を乗っ取ろうとしたときには、諸手を挙げて賛成してやりたくなってくる。

それともそろそろネット離れしろという天の声かも。

|

« 5/17 埼玉は障害者が就職しにくい県 | トップページ | 5/18 ほちいほちいという子どもみたいな議論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/10117510

この記事へのトラックバック一覧です: 5/17② 情けない話ばかり:

« 5/17 埼玉は障害者が就職しにくい県 | トップページ | 5/18 ほちいほちいという子どもみたいな議論 »