« 4/4 保育スペースがゲーセンに | トップページ | 4/6 またまたお別れが »

2006.04.05

4/5 なりたいこととならせたいこととのミスマッチ

民主の代表選は、小沢一郎氏と菅直人氏で争われることになったようだ。

小沢氏は菅氏との対話を拒否、共同記者会見もやめたようで、小沢一郎は今もって、雲隠れ、対話拒否が相変わらずで、新進党や自由党の二の舞にならないかと心配になる。おとなじゃない。よく考えたら小沢氏も一般社会の経験は子ども時代しかない。改革のためには古いものを壊す、というのは笑止千万、新進党は古い政党だったのだろうか。
前原の失敗は、側近政治だと思う。小沢も同様の傾向がある。判断力があるから前原より結果がましなものの、一部の人間だけに情報が共有され、その結果、組織がバラバラになっていく。新進党から民主党に避難してきた議員たちはそのことをよく知っているはずなのに、また歴史を繰り返すのだろうか。
小沢氏は戦後政治の決算というようなことを言っているが、よくも旧社会党系がほいほいとくっついていったものだと思う。決算されたときに、旧社会党系は存亡の危機に立つだろう。

小沢氏の支持層は、50代60代の男性だ。年金もらってゴルフすることが当たり前と思っている層に支持されて、ほんとうの改革、民主党の党是ともいえる年金改革にメスを入れることができるのだろうか。

手を挙げたなかで大ばか者は末松。この人は何様なんだろうか。河村ほど面白い人でもないのに。
菅氏の地盤をもらって選挙に出て、すぐ菅氏を裏切り鳩山に走る。幸福の科学をやったり、マクロビューティックにはまったり、教祖のおつげで秘書を変えたりする。穏健だけど仕事ぶりは市民常識のない人だ。何を意図して、出ているのだろうか。

●子どものなりたい職業の調査があった。子どもの順位は世相やブラウン管のブームをそれなりに反映していた結果だった。一方、親がならせたい職業、公務員と答えたのが、男の子の親が1位、女の子の親が2位との結果。世の中、右翼から左翼(市民派議員)まで大政翼賛会的に公務員バッシングをやって、何が子どもにならせたい職業だと思う。
自分の子が公務員になれれば文句言わないんじゃないかと、なんとなく呆れてしまう。生活保護受給者やホームレス、保育所通所者を行政に「甘える」「ぶらさがる」と非難を浴びせかけて、行政が亡くなった芸能人の追悼集会をやったり、祭を派手にするために花火を打ち上げるために税金使うことは拍手喝采する、最近の世論傾向なのだろうか。

|

« 4/4 保育スペースがゲーセンに | トップページ | 4/6 またまたお別れが »

コメント

 なるほど。親が子に望む職業は「公務員」ですか。私が親だったらならせたくない職業ナンバー1だと思うのですが。少なくとも、働いたことが報われる仕事に就いてもらいたいな、とは思いますね。一生懸命働いても、うまくいって当たり前、自分に都合が悪くなるとバッシングされる職業には就いて欲しいとは正直思いませんねぇ。
 こちらもお祭り騒ぎで脳梗塞のご老体(名誉市民らしい。)がご出陣あそばされる予定とのこと。
 お祭り騒ぎでいくらかでも地元に経済的効果ががるとか、無形物である歴史や伝統が形作られるのであればいいのだが、外から来る幾万かの人たちは、経済的効果をもたらさないばかりか、交通渋滞はひどくなり、ゴミをまき散らし、地元住民と摩擦を起こす。苦情は行政にもたらされる。
 私自身は、もっと住民のために地に足を付けた政策を行うべきだと考えます。選挙で選ばれた人たちには、一体誰のための地方自治体なのかを一度問い直して考えてみる必要があるのではないかなとは思っています。

投稿: 窓灯り | 2006.04.05 22:32

今の窓さまの状況を考えるとこういうのは申し訳ないのですが、一般的に公務員自身が厳しいと言っても、労働時間は何より、小零細企業やサービス業に比べたら賃金も確保されていているのは現実です(公務員試験に合格する頭の持ち主が民間に行ったときはどのくらいの賃金になるか、という問題もありますが)。
流通業にいたこともあるのでわかりますが、GMS相手の営業は、バイヤーに何かといえば損害賠償を持ち出され、強引な返品を押しつけられ、電話機など平気で投げつけられるほどのクレームを受けますが、公務員はそこまではないでしょう。世の多くの仕事はクレームがなくて当たり前、程度のものです。
窓さまの街の職員は、外から来る客をそのように見ているのですか。外からもっと朝霞市を見てもらって、率直な評価をしてほしいと思います。私は祭をやって大騒ぎしてもいいと思います。それに税金を使うことが妥当なのか考えて欲しいと思っています。使うにしても、もっと必要に差し迫った使途にも目を配ってほしいと思っています。

投稿: 管理人 | 2006.04.05 23:00

 外から来られるお客さまにたいして一概に悪印象を持っている訳でないのは念のため。ただ、実際一部のマナーの悪い人たちが地域住民と摩擦を起こしているのも事実なので。(酒が入るとさらに摩擦度数はアップする。)
 そういうバカ騒ぎにお金を使うよりかは、文化の向上や生活基盤(ソフトウェアを含めて)に資源を使うべきではないか、と私なんかは思ってしまうのです。

投稿: 窓灯り | 2006.04.06 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9447928

この記事へのトラックバック一覧です: 4/5 なりたいこととならせたいこととのミスマッチ:

« 4/4 保育スペースがゲーセンに | トップページ | 4/6 またまたお別れが »