« 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 | トップページ | 4/21② 共謀罪をめぐる左右の課題 »

2006.04.21

4/21 いい街です奈良県平群町

奈良県平群町の騒音おばさんに実刑判決が下る。あんな執拗な人に何年もやられ続けた被害者のことを考えると仕方ないのかなぁ、としつこいのが嫌いな私は思うけど、冷静に考えるとその判決が妥当かどうか、おばさんの状況が伝わってこないので、何とも言えない。

あんまり報道されなかったけど、不幸が続いた家庭環境などを考えると弱めの精神的疾病も考えられ(だから責任から逃れられるとは考えないが)、そうだとすればぶたばこに放り込む前に、治療を始めた方が有効な気がする。

そんなことを考えながら家路につくと、騒音おねえさんの運転するズンドコ車が家の前の信号で止まっている。赤ちゃんは起きてしまうし、音楽が全部聞こえてこないで重低音だけが振動で伝わってきて気持ち悪い。北海道ではズンドコ車の運転手が、救急車が近づいていることに気付かず、救急車に突っ込み横転させた事件もあった。暴走族ですら根絶やしにされているこの時代に、ズンドコ車の運転手は無罪なのかな。執拗ではないけども。

平群町の擁護もしておきます。騒音おばさんが化粧っ気ない格好で、あの表情で怒鳴っているところばかり報道されているから、東京でいう歴史の浅い下町ゾーンあたりを想像されるかも知れません。実際、平群町はイメージダウンに過剰反応して、住宅地の騒音を禁止する条例をわざわざ作ったようです。
以前、組合の機関紙の取材でうかがいましたが、平群町は丘陵地の高級住宅地で、乗り換えが1回はいるものの、大阪難波まで20分程度の便利さと静かさの両方がある住宅地でした。町役場も現場サービスをとても大事にしていて、公共サービスが充実している住みやすそうな街でした。

|

« 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 | トップページ | 4/21② 共謀罪をめぐる左右の課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9700848

この記事へのトラックバック一覧です: 4/21 いい街です奈良県平群町:

« 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 | トップページ | 4/21② 共謀罪をめぐる左右の課題 »