« 4/19 ヤマト運輸が賞味期限偽装に協力 | トップページ | 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 »

2006.04.19

4/19 経団連の義務教育改革に注目

経団連は義務教育改革の提言を発表した。

市場原理に依拠して、学校選択制を全面展開する制度設計に問題はありそうだが、各論では、子どもに選ばれる学校になれ、教育現場の創意工夫が生かせる学校にすべき、教育の受けてのニーズを調査せよ、学校を外部評価せよ、教員評価は子どもにも広げろ、など、これまでの体制派の教育改革の提言にはみられない、民主的な提言も多い。
とくに、子どもの主体的な選択や、評価を導入するという提言は、これまで表立ってあまりされてこなかったので大切な提言だと思う。

また、これまで体制派の改革の提言にありがちな、愛国心だ規律だというイデオロギーに関する提言は一切なく、機能だけ、具体的でシンプルでわかりやすい。

●お世話になっているnekokanさんのお子さんが小学校に入学された。
保育所とうってかわって、利用者に寄り添わない学校のサービスのありようを報告していますのでご紹介します。

nekokan dialy on the web 満喫!学校文化

当事者じゃないからかも知れませんが、必死な学校の姿に失笑してしまいます。子どもの頃に読んだ宮沢賢治の「注文の多い料理店」さながらです。

|

« 4/19 ヤマト運輸が賞味期限偽装に協力 | トップページ | 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 »

コメント

規律はイデオロギーの一つだということは意外に知られていない気がします。

投稿: takeyan | 2006.04.19 22:48

ありがたいコメントです。
あらゆることに価値観があるため、すべてのことはイデオロギーから完全に自由になることはできないと思いますが、しかし困らない範囲で、より多くの人の考え方や暮らし方に合わせられるように公的サービスはあるべきだと思います。今の学校教育は右も左も「注文の多い料理店」です。

投稿: 管理人 | 2006.04.19 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9666924

この記事へのトラックバック一覧です: 4/19 経団連の義務教育改革に注目:

« 4/19 ヤマト運輸が賞味期限偽装に協力 | トップページ | 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 »