« 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 | トップページ | 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 »

2006.04.19

4/19④ 介護労働への外国人開放がいいのか

経済財政諮問会議は介護職に外国人を雇えと。不況での労働力の過剰につけ込んで、食うや食わずの賃金で介護職員をかき集めて、介護保険制度は成り立たせてきた。

いよいよ好況で人材不足なる。今こそ、人命を預かる介護職員が食べていける程度に待遇改善を進めていこうという矢先に、外国人労働力の受け入れを経済財政諮問会議つまり小泉構造改革は提案してきた。外国人介護職員を雇うにあたり、日本人と同じ賃金を払う、送り出す国の社会サービスが不足しないようにすること、外国語に弱い高齢者を相手にするからには語学力を要件とすること、これまで日本に住んできた外国人たちへの差別を解消すること、などの条件が貫徹されれば、外国人労働力を差別的に排除する理由はないと思う。しかし経済財政諮問会議の本音は、今の食うや食わずの介護職員の待遇のまま制度を維持させていきたい、そのために人件費の安い国で日本で働きたくて仕方がない労働力を人身売買のように連れてこようという魂胆だろう。

介護労働は、経済財政諮問会議にいるエライ経済学者たちには家事の延長のようにしか見られていないかもしれない。しかし利用者の生活や人生観などにあわせて働く、コミュニケーションと想像力と判断力が必要な労働だと思う。偏差値的な才能ではないと思うが、相応の人件費を払うべき知的労働だと思う。そのことを見返さずに、安直に安い労働力を入れようということがよいのかどうか、改革だからと、野党が鵜呑みにしたり、あるいは野党が見逃し三振のような法案通過を認めず、きちんと国会等で論戦して、阻止あるいは内容修正を図ってほしい。

介護職、外国人に門戸開放を…諮問会議中間報告
 経済財政諮問会議(議長・小泉首相)は19日、経済活性化に向けた「グローバル戦略」の中間報告をまとめ、正式に発表した。

 人口減少や少子高齢化が進む中で高い経済成長を維持するため、現在は外国人の就労を認めていない介護などの分野でも、外国人労働者の受け入れ拡大を検討する方針を打ち出したのが特徴だ。

 諮問会議は5月にグローバル戦略の最終とりまとめを行い、6月の「経済財政運営と構造改革に関する基本方針(骨太の方針)」に盛り込む考えだ。

 中間報告では、外国人労働者の受け入れについて「高齢化で需要が増える介護などのサービス分野で受け入れ範囲の見直しを検討」と明示した。

 また、「海外の優れた人材を国内に誘導する環境の整備」を盛り込み、5月半ばをめどに受け入れ拡大に向けた制度の概要をまとめるほか、アジアなどの留学生の受け入れ増と国内への就職促進を図るための具体策を検討する方針を示した。

 このほか、2010年までに、フリーターの数を2割減らし、政府開発援助(ODA)のコストを15%削減するなどの数値目標を盛り込んでいる。

(2006年4月19日22時24分 読売新聞)

|

« 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 | トップページ | 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 »

コメント

1.「介護労働への外国人開放がいいのか?」と問われれば、「熟慮の上にも熟慮をお願いします」と答えざるを得ません。管理人さんが心配されている問題に加えて、欧州で起こっている問題も見逃すことができません。欧州諸国が、モーリタニア、南ア、ケニアなど(高度な教育を行って西欧のニーズに耐えうる医療専門職を輩出する国々)から医療技術者を大量に雇い入れたため、これらの国で病院の人員不足が起きているとのこと。フィリッピンでも医師が看護士としてアメリカに渡るケースが多く、せっかく医療技術者を育てても彼らが自国の患者を看ることがない。これでは、新たな国際問題を招きそうです。
2.阪急百貨店、実用的なハンカチ置いてませんでしたか? 堪忍したって。
阪急さん、阪神の株買おう思て、必死に儲けようとしてはるねん(笑)。今度関西に行かれたら、梅田阪神百貨店の地階食料品売り場のぞいてみて。お口に召すかどうかは別として、関西の庶民テーストが味わえます。(イカ焼きええよ)

投稿: はちきん | 2006.04.20 10:50

おひさしぶりです。
1はそのとおりです。「送り出す国の社会サービスが不足しないこと」というふうに書いてわかりにくかったですね。看護婦を輸出している国がどうなっているのか、ということ、医療が過剰供給気味の我が国のために、フィリピンで医療を受けられない人がいることに、想像力をたくましくしなくてはならないと思います。
2結局、阪急でハンカチ買いました。きれいなハンカチです。その阪急が阪神を支えてくれるのはほんとうにありがたい。
格差社会の是非は非ですが、阪急のような百貨店はあってもいいと思います。貧者に入場制限をしているわけではありませんし、買えないときは買わないで我慢すればいいのですから。阪急百貨店は美術館のようでいいですよね。東京の百貨店があまり格差をイメージさせないように商売しているのに、対照的だなぁ、と思った次第です。
大阪は下町の商店街を歩くのが面白くて、天神橋から始まって、京阪の沿線の急行通過駅やら、天王寺や新今宮など、散歩趣味には魅力的な街です。

投稿: 管理人 | 2006.04.20 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9673805

この記事へのトラックバック一覧です: 4/19④ 介護労働への外国人開放がいいのか:

« 4/19③ タコが足を食う障害者の自立政策 | トップページ | 4/20 会計検査院の仕事の妥当性 »