« 3/19② 高齢社会に着々と対応するモスバーガー | トップページ | 3/20 不偏不党を言う人は党派性のある人ばかり »

2006.03.19

3/19③ 羽田行きバス、出足低調

羽田行きの東武バスをみかける。家族も1時間前のを見かけた。やはり3人ぐらいしか乗っていない。出足低調だ。

東上線には大きな荷物を持った人が少なくないのに、バスが使われていない結果をきちんと分析して対策を練ってほしい。もしこのまま利用客が低迷して廃止でもされたら二度と羽田空港行きのバスは通らない。地元自治体と東武バスには危機感をもって対策を考えてほしい。

私の気付いた点。まず周知不足。その理由として、①多くの人にとって遠出は1ヵ月近く前から予定を組む。2月中旬に宣伝が始まっていなかったことがまずかった。②電車内の広告や駅階段等での横断幕の掲示などバス路線開通に関して東武鉄道の協力が見られない。朝霞台駅にはビラが何かのちらしの下におかれていたが、志木駅はビラも見られなかった。池袋から日光へ特急が出る宣伝(またこれがつまらないだじゃれなのだ)に埋め尽くされている。③バス停の位置がわかりにくい。朝霞台のバス停は駅出口から見えないから、駅出口と改札の周囲にわかるように看板を出すべきだと思う。

あと、首都高速が渋滞することが利用をためらわせているが、渋滞で遅れる時間の上限を示した方が安心するかも知れない。

4桁に乗る料金も高いと思うが、必ず座れて、バスの乗り降り以外は階段がないことを考えれば、妥当だと思う。しかし、どうせ今は空気を運んでいるのだから、割高感のある家族旅行の人たちなどに、定着するまでの間、多人数で利用する乗客に大幅な割引などをやって、便利さ楽さを実感してもらうことが大事ではないかと思う。

|

« 3/19② 高齢社会に着々と対応するモスバーガー | トップページ | 3/20 不偏不党を言う人は党派性のある人ばかり »

コメント

補記・ちらしでは羽田へ一直線と、スピード感を宣伝していますが、利用者はバスの遅延を恐れているのであまり響かない言葉かも知れません。遅延することを前提に、そのほかのメリット、例えば荷物が大きくても大丈夫とか、必ず座れるとか、飛行機の搭乗口まで階段なし、とか示して、別のセールスポイントを押し出すべきではないでしょうか。

投稿: 管理人 | 2006.03.21 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9164653

この記事へのトラックバック一覧です: 3/19③ 羽田行きバス、出足低調:

« 3/19② 高齢社会に着々と対応するモスバーガー | トップページ | 3/20 不偏不党を言う人は党派性のある人ばかり »