« 3/14 最悪を回避する格好良いライバル | トップページ | 3/15 朝霞市の防犯推進計画案に意見を提出 »

2006.03.16

3/15 市が出す源泉徴収票から見える地域のありよう

朝霞市の地域福祉の委員や次世代計画の推進委員会の報酬など、わずかに職場以外の収入がある。すでに源泉徴収もされているし、確定申告に行っても多少の税金が戻ってくるだけだと思い、わざわざ確定申告に行かなくてもいいかなと思ったけども、かつてわが職場の大先輩たちが政府の審議会の委員報酬を確定申告しなかったことで大変な罪に問われたし、そんなのもいかんと思って、税金の確定申告に出かけた。職場を休む代償と、還付される税金と、申告することによって加算される県民税、市民税のバランスは微妙な感じだったが。

で、朝霞市からいただいた若干のありがたい報酬だが、くすぐったい言い方をすると市民のために働いていただいたお金を自分の小遣いにするのもどうだか、と思い、その分はせっせと福祉関係の本を買った。その本代を経費として申告しようとしたら、税務署の職員から、朝霞市から交付された源泉徴収票の所得の種類が「給与所得」となっていて、給与所得控除が2割だか3割だか自動的に計上されているからと、経費申告はできないと言われる。
なんか納得できなくて、税務署の職員に「これは雇用契約にもとづく対価としての給与じゃなくて、ある種ボランタリーな活動や副業としての報酬だから、研究職や著述業なら事業所得、私のような兼業の委員は雑収入になるんじゃないの」と聞いたら、「本来はそうですが、厳密な定義はなくて、給与所得控除が大きいですから、市の配慮なんでしょ。もちろんこれでは黒川さんにとっては損になりますね~」なんて会話をして、はっと気付いた。

朝霞市のいろいろな委員会は、サラリーマンが参加することがそもそも想定されていないこと、それからそうした報酬を得るために本を買ったり、どこかに見学に行って、勉強することが想定されていないということなのかと。
その理由は、こうした報酬を、「謝礼・報酬・原稿料」として源泉徴収票を出さず、「給与所得」として源泉徴収票を出すと、農家、自営業、そして専業主婦は、もともと給与所得がゼロだから、給与所得控除の初乗り65万円がまるまる適用されて、審議会委員会の報酬は税金がゼロになる。しかしサラリーマンはもともと給与所得があり、給与所得控除の有利な部分を使い切った上でさらに給与所得が上乗せになるので、税金を有効に払う仕組みから外されるのだ。きっと、過去に審議会委員会をやった、給与所得のない人が、いろいろ市役所に物を言って所得税法の基本的な扱いとは違う変則的なやり方をしているのだろう。

ま、保育所に入れず毎月2万も余計に支出していることを考えると小さなことだが、だからこそ、公正な税金の徴収と、有効な使途について関心を持たざるをえない。大きな政府論の私でも。

サラリーマンが地域社会にかかわることは損だらけだ。農家・自営業・専業主婦たちが、地域に関わらないサラリーマンを非難する前に、サラリーマンにも公平な地域や自治体の運営をしてほしいところだ。

|

« 3/14 最悪を回避する格好良いライバル | トップページ | 3/15 朝霞市の防犯推進計画案に意見を提出 »

コメント

これ、選べれば済む話ですよね。
議員は給与所得なので、資料を買ったり動き回る人は損です。
そして、何もしない人には心地よい。

確定申告ですが、これはやるべきです。定率減税廃止とはどういうものか、控除における保険会社の利権とはどういうものか、医療費控除とは何なのか、老齢控除の不可解さなどいろいろ分かります。
サラリーマンが全員確定申告をするようになれば、間違いなく世の中は変わるのですが。

投稿: takeyan | 2006.03.18 02:34

給与所得控除も少なくはないので、それ自体はあまり不都合はないのですが、保育所の入所審査、入れた場合の保育料、入れなかった場合の無認可保育所の利用料補助金などを考えると、その損失が大きくて痛いです。

共済組合員の手前言いにくいですが、保険が普及した今、保険料控除はヘンな話です。金額も中途半端。
労働組合の共済の場合、一般的な保険とともに互助会的な慶弔共済もセットになっていて、その部分の計算が違っていたり、事務量もばかになりません。ほんとうにリスクにあったときの給付金の部分で税制優遇する方が効果的だと思います。

サラリーマンの私が確定申告で、意外に払う税金は少ないものだと思いましたが、複雑な控除制度には辟易しましたね。またその証明書類がきちんとしている分野もあれば、テキトーな自作資料で済むものもあって、こんなんでは誰でも脱税罪にすることができるんじゃないか、と不安になりました。

福祉的色彩の強いものは、税控除ではなく社会保障でやるべきだし、個別の業種に対する特別措置的減税はなくすべきだと思います。税率以外はなるべくシンプルで公平な所得税制度にしてほしいものです。

投稿: 管理人 | 2006.03.18 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9110890

この記事へのトラックバック一覧です: 3/15 市が出す源泉徴収票から見える地域のありよう:

« 3/14 最悪を回避する格好良いライバル | トップページ | 3/15 朝霞市の防犯推進計画案に意見を提出 »