« 3/12 毎度実感、埼京線差別 | トップページ | 3/14 最悪を回避する格好良いライバル »

2006.03.12

3/12② 構造改革推進の知識人は足立区に住んでみよ

ゆすり・たかりの西村真悟が未だに拉致被害者の救出という任務があるから議員辞職しないと。ヘンだ。有罪になったらどうせ辞職させらるのだから。
国会議員が拉致被害者の救出をしなければならないと思うが、西村氏は適任ではない。犯罪容疑者が外国に向かって人権の正義を唱えても、揚げ足を取る材料にされるだけだろう。早く他の政治家に拉致被害者の救出という任務を委ねるべきだろう。西村真悟がいなければ救出運動ができないという状態も本来は困ったことではないか。

●今回の文藝春秋が面白い。佐野眞一「ルポ下層社会 改革に棄てられた家族を見よ」は圧巻。修学旅行の費用や給食費、教材費、果てはノートや鉛筆など学校にかかるお金を自治体が補助する「就学援助金」の受給する子の比率「就学援助率」が42%2万人もいるという足立区に佐野が入り、区役所、前の共産党区長、貧困の当事者たちを取材したレポート。
足立区でもたった13年前までは就学援助率が16%だったのにあっという間にこんなになった。区の区税収入が339億だが、今では生活保護費だけで300億の支出。この比率は全国一ではないか。東京都23区の交付金制度がなければ破綻している。

景気回復で周囲が勝ち組だらけになってきた世田谷や目黒に住んでいる人には実感されないが、首都圏でも特定の地域に、増加した「負け組」が集中的に住む様相を示している。足立ほどではない朝霞も含め、「負け組」が住める地域に政権に意見を具申できるような学者や評論家はまず住まない。だから格差社会の実感が政府のコメントから出てこない。
足立区は、何を考えてか学校選択制を取っているが、就学援助金が話題になるような区だから、バス代も払えない子が42%もいる。その子にとって学区外通学なんて夢のまた夢の話になっている。足立区の非負け組家庭は学区外通学で不人気校を露骨に避けて特定の学校だけに入ってくる。足立区の不人気校は、希望喪失のふきだまりになる構造をもっていて、深刻な状態のようだ。

本田由紀、山田昌弘、世耕弘成、宮崎哲弥の「日本人は格差に耐えられるか」の対談も面白い。本田、山田が格差を個々人の内面や努力の問題ばかりにして、と責めるのを、世耕が人間性で吸収していく。一般社会でチームワークできなさそうな宮崎は格差肯定論で本田を冷やかす。宮崎に説得力なし。世耕がいちばんトクしている感じもする。
高橋紘「現代版壬申の乱への危惧」の論点は興味深い。天皇になるべき人は物心つく頃から帝王教育を受けなくてはならず、物心ついてから帝王学を教えても意味がない、そういう観点から皇位継承はなるべくもしもの条件を排して長子が継承すべきと言う。まさにその通り。また昭和天皇と西園寺公望公が、野心ばかりでできのわるい宮家の始末にどれだけ苦労したか紹介している。
武部の過去の政治的足跡を検証した「日本一のイエスマン武部勤の正体」も面白いが、武部の今がわからん。岡田尊司と斉藤孝の対談「脳内汚染が子どもをむしばむ」は思想的願望を科学のように見せて話し、めちゃくちゃ。このことについては別に書きたい。

西村真悟被告、地元講演で衆院議員辞職を改めて否定
 自民、公明両党から辞職勧告決議案を提出された衆院議員・西村真悟被告(57)(弁護士法違反などの罪で公判中)は12日、地元の大阪府堺市で開かれた集会で講演。

 自身の進退について、「私の議席には拉致被害者救出という任務が付与されており、その職責を果たすためにも議員の職は放棄できない」と述べ、改めて議員辞職しない考えを明らかにした。
(2006年3月12日20時32分 読売新聞)

|

« 3/12 毎度実感、埼京線差別 | トップページ | 3/14 最悪を回避する格好良いライバル »

コメント

 この業界に入るまで「修学援助」の制度すら知らなかった私。両親が不安定な仕事のせいか、何度か窮する場面にも巡り合わせたが、そんな制度すらあることは知らなかった。そんな場面は家族で力を合わせて何とか乗り切ってきた。とにかく真面目に仕事をすれば報われる、まだそんな夢が日本に渦巻いていた、昭和50年代の出来事でした。
 区の児童の42%が「修学援助」(=生活保護の基準生活費の1.5倍以内の収入)とは、異常事態であると思います。民衆を見ない「改革」と過度な「規制緩和」は、真面目に働ける環境とそこで働けば報われる、といった当たり前の倫理観を流し去っていったと思います。

投稿: 窓灯り | 2006.03.13 21:56

まったくその通りです。

西村真悟氏は、拉致被害者の救出を理由に議員辞職しないと言っていると報道するマスコミもありますが、北朝鮮に経済制裁するまで、辞職しないと言っている、と伝えるマスコミもあります。後者が本意なら手段が目的化していて、本末転倒な話です。経済制裁するために拉致被害者の状況を利用しようとすること、それは西村氏が批判してきた旧社会党の裏返しの同じ態度です。

投稿: 管理人 | 2006.03.15 02:13

ねーねー

岡田尊師と齋藤孝のトンデモ対談への批判はいつしてくれるんですかー??

投稿: インテリジェンス | 2006.03.21 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9063082

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12② 構造改革推進の知識人は足立区に住んでみよ:

« 3/12 毎度実感、埼京線差別 | トップページ | 3/14 最悪を回避する格好良いライバル »