« 3/10 労働者が労働者の人権を侵害する関係 | トップページ | 3/10③ 出生率と就労のデータから考えること予告編 »

2006.03.10

3/10② 小学生の作文じゃないんだから

オリンピック誘致に反対した都議の名前がわかった。ということは賛成した愚かな都議もはっきりした。賛成したのは自民、公明、2人を除く民主。2人は退席というかたちで反対はしなかったが、公共事業のおこぼれに預かりたいバカな大勢が賛成に向かっているのだから、限界もあったのだろう。それなりの誠意だと思う。退席したのは、世田谷区選挙区の花輪都議と、江戸川区選挙区の初鹿都議の2人。良識を評価したい。花輪智史都議のHPの説明はしっかりしている。しかし、逆に言うと、昨年の都議選で応援したあれも、これも賛成したのか。あほか。

で、賛成した民主党都議たちがどんな考えでこんな財政浪費に賛成したのか確認したくて、ホームページやブログで確認すると、地元で誰にあいさつした、とか、どんなところに行ってみたとか、小学生の日記並みの行動報告しかしていない。オリンピックについて、どのように考え、悩み、結果としてどんな見識があって賛成しているかが全くわからない。これでは情報公開だの説明責任だの言う政党の議員のこととは思えない。

さらに民主党本体のHPもまったくなっていない。胸を張った党首の写真のキャプションが「メール問題に関する前原代表からのお詫び」どこがじゃ。大本営発表の若手幹部の活躍しか伝えない。だからどれもこれも無個性な画像と言い分しか書かれていない。全然おもしろみがないし、資料性もない。
スタッフが少ない一議員のHPが資料性と情報公開度で勝っている。それは江田五月さんのHP。民主党前史ともいえる、社会民主連合や江田三郎さんの情報は圧巻。票になりにくいことによくがんばっていると思う。

|

« 3/10 労働者が労働者の人権を侵害する関係 | トップページ | 3/10③ 出生率と就労のデータから考えること予告編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/9023076

この記事へのトラックバック一覧です: 3/10② 小学生の作文じゃないんだから:

« 3/10 労働者が労働者の人権を侵害する関係 | トップページ | 3/10③ 出生率と就労のデータから考えること予告編 »