« 2/23② 日本カーリングに学ぶ広報戦略? | トップページ | 2/25 NPOと行政の対等の関係 »

2006.02.24

2/24 自浄作用がないのか民主は

日経社員がインサイダー取引。さもありなん。構造改革推進ってこんなことだろう。

昼休み、昨日届いた朝霞市の第四次総合振興計画を再読。やっぱりなんとなくズレ感がある。子ども政策でも専業主婦のまちなんだなぁ、と痛いほど感じる。OL出身の議員とか出ないかなぁ。

保育所の第三者評価について再学習したいと思い、桜井慶一「第三者評価と保育園」を読む。保育所の第三者評価は面白そうな作業だと思う。

●前原が永田の議員辞職は不要といい、自分は職責を全うするなんてふざけたことを言っている。しかも党首を辞めろとはマスコミしか言っていないなんてほざいている。自民党以上に自浄作用のない執行部だ。
ところがその前原に鈴をつけるべき、前原に弾圧された党内野党もだらしない。菅派は総会を開いて、執行部を支えると言っているし、横路派もこんな大事なときに動きが見られない。両派の一部議員が明確に退陣を求めてるぐらいだ。全くどうなっているのか。
西村真悟も、木俣佳丈も辞職しないのに永田が辞職する必要がないというのだろうか。

前原の側近集団しか情報を知らない、前原の側近集団に近い議員しか目立つ国会質問させない、そういう運営をしてきたこの半年のツケだ。自民党との政策的な差異を示せないから、スキャンダル暴きばっかりになる。

|

« 2/23② 日本カーリングに学ぶ広報戦略? | トップページ | 2/25 NPOと行政の対等の関係 »

コメント

 永田さんも終わっちゃったかな、という感じをしています。千葉2区は隣の選挙区ですので、いろいろ聞きますが、自民党の山中さんの食い込みが激しいみたいです。
元々の自民党のわ…いや古狸江口さんと比べて、女性らしいフレッシュさで、票の行方を握っている団地住民に語りかけている姿は新鮮だと、いうことを聞いたことがあります。民主党の永田に票が流れたのは、江口に代表されるような自民党の古い体質に嫌気を指していたせいだと。
今度のメール事件では、永田本人の責任と同時に、それを許した国対の責任もあると思います。(国対委員長は千葉4区の野田さんでしたね。)これで、ちば民主党は壊滅になるのではないかと、少し憂いております。ただでさえ保守地盤なんだから…。

投稿: 窓灯り | 2006.02.25 22:00

山中もたいがいな人で、以前は北海道社会党のまわりをうろつきまわって、引退議員の後釜を狙っていましたし、名古屋の新進党で出たり、信用できませんね。北海道にいた頃には、生活クラブ関係の講演会に講師としてねじ込んできて、何だかわけのわからない教育談義を聞かされて、こんなのが名門北海道社会党の後釜じゃかなわん、と思ったことがあります。
不毛ですね。千葉も埼玉も。

投稿: 管理人 | 2006.02.25 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/8820294

この記事へのトラックバック一覧です: 2/24 自浄作用がないのか民主は:

» 前原民主党は「死に体」、これは必然の結末。 [エヌのブログ]
これで前原民主党は「死に体」となった。 メール騒動で議員辞職を党執行部に伝えた永田議員に対して、執行部は休養が必要と判断し、決着を先送りしたのだ。 しかも先送の理由は、永田氏が辞職するとメールは偽物であることを認めたことになり、事前にチェックできなかった野田国対委員長と、「確証を得ている」と大見えを切った前原代表に責任が及ぶからだというのが本音だそうだ。 前原代表は「9月までの任期を今の執行部でまっとうする」と語っているが... [続きを読む]

受信: 2006.02.24 23:59

« 2/23② 日本カーリングに学ぶ広報戦略? | トップページ | 2/25 NPOと行政の対等の関係 »