« 1/20 若手の分際でやるべきこと  | トップページ | 1/22② 日米関係従順度テスト »

2006.01.22

1/22 見直しが始まるか構造改革

朝の討論番組を見る。
ライブドア、耐震強度偽装事件、アメリカ産牛肉の背骨混入という規制緩和の膿を象徴するような事件が3連発で出てきて、珍しく規制緩和派の形勢が悪い。共産党の小池議員の突っ込みが的確。社民党は情報不足なのか、突っ込み不足な感じ。民主は「役所は予算消化ばかりやってきてルールをコントロールする仕事をしてこなかった」と。そうだろうけど、その理屈からどうしたら公務員が減らせるなんて話が出てくるのかわからない。少ない公務員だから予算消化しかできないのであって、ルールのコントロールなら、たくさんの監督業務が必要になる。

がんばった者が報われるだとか、天職を探そうだとか、経済情勢や社会のヒエラルキーの構造を直視せず、主体性の問題にすり替えるとんちんかんな物言いが流行し、そのツールとして規制緩和が推進されてきた。しかしその結果として、今回の事件が起きているし、格差社会や、若年者の挑戦の機会が奪われるパラドックスも起きている。

小さな政府、民でできるものは民で、など美しい言葉と、「抵抗勢力」などという品のない言葉は、根拠の薄い言葉だと気づくのが遅かったのではないだろうか。

朝ちょっとしかテレビを見れなかったが、「ここがおかしい日本の営業」というビジネス書を書いた宋氏が紹介されていた。根性、人情を商売道具にする日本の営業は下品で無意味だ、という宋氏の意見に感じるものがあって、書店に買い求めに行くが無かった。ビジネス書って宗教書みたいだ。そして、横には株の本のコーナーがあって、おとなたちが群がる。株で一発逆転の夢を見るしかないのかなぁ、この社会は。

●東京証券取引所の西室社長がまだ犯罪が立証されていない段階で、ライブドアの株を上場停止するだとか、監理ポストに移行するだとか、少し発言が暴走していないだろうか。こうしてライブドア株の投げ売りを煽ってしまっていいのだろうか。西室社長といえば竹中平蔵の後見人であり、小泉構造改革の推進勢力なわけで、ホリエモンをこれまで礼賛していた勢力だ。形勢が悪くなると手のひらを返している。実業家が政治に深入りして大成したためしはないという話は本当のようだ。

|

« 1/20 若手の分際でやるべきこと  | トップページ | 1/22② 日米関係従順度テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/8284740

この記事へのトラックバック一覧です: 1/22 見直しが始まるか構造改革:

» 2006年、今年の漢字は‘偽’?〜小泉=竹中は為政者ではなく... [なりぽん@厭離庵]
私はノンポリだ、サウンド的にも好きなのでノンポリ・ナリポンだとしきりに口にする。これは実際選挙に数回しか行ったことがないことでも証明できる。但し、こうしてブログなんぞを始めるとどうしても次第に政治ネタも取り上げたくなる。ただ、語るほど詳しくないので、ノ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.23 01:33

« 1/20 若手の分際でやるべきこと  | トップページ | 1/22② 日米関係従順度テスト »