« 12/2 介護をけちれば医療費が膨脹する | トップページ | 12/3② 潔く下妻物語 »

2005.12.03

12/3 小泉文化人の二枚舌

朝のフジテレビを見る。猪瀬直樹、テリー伊藤、高田真由子と小泉系文化人たちが勢揃いして、マンション強度偽装問題の被害者を救済しろの大合唱。キャスターもかわいそうだ、大変だから救済しろと。マンション問題はキャスターや文化人たちの身近な問題だから想像に易く、救済しろとなるのだろう。痴呆老人や、詐欺の被害者みたいな連中は彼らの遠いところにいるから自己責任なのだろう。

私のような社会民主主義者が救済を言うならともかく、小泉構造改革の議論で言えば、そんな物件見破れなかった人の自己責任と言うべきじゃないだろうか。と昨日も、おとといも思ってきたことに憤る。小泉構造改革の支持者は、無年金になった人に自己責任と言って突き放してきたではないか。こういうダブルスタンダードをポピュリズムというのである。

●小泉首相が経済財政諮問会議で、都心にある公務員官舎の全面的払い下げを指示したようだ。それ自体はいいかも知れないけど、単に資産を現金に換えるだけだから、国の信用力は変わらない。またこれから地価が上がるかも知れないこの時期に売るというのもうさんくさい。
官有地払い下げにはいつも政治家の利権の噂がつきまとう。そして公務員官舎が残してきた木々や緑がはぎ取られ、●●●ヒルズとかそんな名前の、バカ高いテナント料で飲食店ばかりがならぶ無個性な街だけができていく。これが江戸か。これが東京か。

|

« 12/2 介護をけちれば医療費が膨脹する | トップページ | 12/3② 潔く下妻物語 »

コメント

 都心にある公務員官舎の売却は結構なことだと思いますよ。ただし、「民間活力至上主義」の小泉首相のことですから、永田町の公邸や衆参議長公邸も売却するのでしょうね。首相は官邸で仕事ができるし、衆参議長は国会で仕事をすればいいんです。首相も衆参議長も国会議員だから官舎もある。一般企業では、従業員よりも役員が範を垂れるのが常識かと思うのですが。
 あと、思うのは公務員官舎として活用しないで、都市計画の再構築をおこない、たとえば公園や公共施設などの都市施設として活用してみてはどうでしょうか。国の仕事は借金を返すことだけじゃなくて、国民に対してどのようなサービスを提供できるか、が本業のはず。財政再建が本業ではない訳ないのです。都心部では用地買収に多額の経費(我々の税金だ)がかかるのは常識です。であれば、都市計画を改革して、空き家にした公務員官舎を都市施設として活用できるか検討するのも一つの方法だと思っています。
 後藤新平が8億円計画で都市改造をぶちあげてから80年、もうああいうプランニングマンがトップに座ることはないのだな、思い失望しています。

投稿: 窓灯り | 2005.12.04 00:22

コメントありがとうございます。
あんまり開発せず、都心のサンクチュアリとして残しておいた方がいいかも知れません。しかし用途を官舎とし続けることが良いかどうかはわかりません。転勤族の国家公務員には官舎は必要なのかな。
余談ですが、私は後藤新平をあまり評価していません。道路が広がるまで、建物が鉄筋コンクリートになるまで、開発が遅れているというコンプレクスを抱き続けています。そうして作られた街が使いやすいかどうか、後藤の思想を展開した汐留やお台場、霞ヶ関の官庁街が歩きやすい街なのかどうか疑問に思っています。
人にやさしい街づくりなら、是非とも推薦したいのは徳川政権です。

投稿: 管理人 | 2005.12.04 00:45

 管理人さんのコメントを読ませていただきました。感じたことを書き込むことをお許しください。
 公務員官舎跡地をサンクチュアリ化することについては賛成です。1990年から2005年までに12%緑地帯が減少したデータもあるくらいです。(数値については、確実性が高いとは言えませんが、開発優先行政で減少傾向にあるのは確実であると思います。)
 ですから、民間に売却するよりも、公園などの緑地帯、オープンスペースとして活用していくのには賛成です。法的な裏づけが必要になってくると思うので、都市計画決定が必要だと思うのです。
 後藤新平氏については、功罪があることは承知しています。しかしながら、震災復興事業で中央通りや昭和通りなどの道路や、水路としての河川改修、浜町公園や墨田公園などの公園を作っていった功績はあると思っています。帝都復興計画後の東京は、今よりも歩きやすい町だったと認識しています。
 歩きにくくなったのは民選知事初代の安井誠一郎氏の時代ではないでしょうか。河川の上や公園の上に高速道路を通し、道路の緑地帯をつぶし、公園をつぶし、瓦礫で河川を埋め立てたことです。開発を求めた時代の要請もあったと思いますが、結果としてスプロールを防ぐことができませんでした。
 最後になりますが、一番歩きやすい街は、歩くことを基本として縄張りをしたのは徳川時代の江戸で、徳川家康の縄張りが今の東京の基本になっているという本を読んだことがあります。
 個人的には、東京がもっとゆったりとした。もっと緑の多く、もっと歩きやすい町であることが理想なのですけれども。

投稿: 窓灯り | 2005.12.04 07:53

窓灯りさま、たおやかなコメントありがとうございます。後藤新平については功罪ですね。都市計画という考え方を持ち込んだのはプラスですし、あの時代としては評価しなければならないと思います。
戦後の東京の開発は乱暴だった気はします。首都高速もお堀や運河の上に作ったのでカーブだらけで、渋滞で機能していないのが現実です。
埼玉に住んでいると、商店街の多い東京はいいなぁ、と思います。歩くことの喜びを感じられる空間です。
緑地面積は少ないですが、東京はまとまった緑や並木道は札幌や大阪より多いと思います。その良さを大切にしてほしいと思っています。

投稿: 管理人 | 2005.12.04 08:57

個人的には官舎が安い分を所得として課税すれば何の問題もない気がしますが、あえて売るのは怪しいですね。

投稿: takeyan | 2005.12.04 23:26

takeyanさま
課税は考え忘れていました。現実的な増収策を考えた方がよさそうですね。

投稿: 管理人 | 2005.12.04 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/7441420

この記事へのトラックバック一覧です: 12/3 小泉文化人の二枚舌:

» ★ 『革命男』−昭和元禄期の義侠伝 (1)  島泰三 『安田... [書評日記  パペッティア通信]
感動で涙が止まらない。1968年1月18日〜19日。東京大学安田講堂における、全共闘と機動隊の攻防戦。絶大な権威を誇った帝国大学総長の地位が、たかだか一警備課長以下の地位に転落した、あの歴史的な事件。このとき、安田講堂に立てこもった人物による、「東大紛争」の発...... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 22:10

» ★ 『革命男』−昭和元禄期の義侠伝 (2)  島泰三 『安田... [書評日記  パペッティア通信]
(承前)11月、総長辞任とともに選出された東大新執行部は、すでに強硬姿勢に転じていた。その中で、あらわれはじめた脱落者。法・経・教養学部では、ストライキ解除決議がとおる。医学部も、「あかつき部隊」護衛の中で理学部棟で学生大会をひらき、解除決議をおこなう。...... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 22:10

» 政府が信用できないから納得できない。-道路特定財源の一般財源化は実質増税 [とくらBlog]
 いただいたコメントにお返事を書いていたら、朝からイラクへの自衛隊派遣期間延長のことや道路特定財源の一般財源化のことで怒りまくってしまいました。それで、あらためて、道路公団廃止私案を読んでみました。猪瀬さん、恥ずかしくないの?でも書きましたが、2、3年前頃は毎日のように見ていたHPですが、道路公団が民営化されても、しつこく続けておられます。朝、コメントを書いているときは確かめていませんでしたが、道路特定財源が高度成長期に緊急に道路建設が必要だからということで暫定的に課された税金だということが書いてあ... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 15:14

« 12/2 介護をけちれば医療費が膨脹する | トップページ | 12/3② 潔く下妻物語 »