« 12/29 理解の壁 | トップページ | 1/1 施設をもらわないと救急医療をしないのか »

2005.12.31

12/31 かわいそうなスピーカーの麓の人々

午後、近所を散歩。近所の雑木林の雑草が先月刈られ、きれいな雑木林になっている。税金対策以外に雑木林を持っているメリットがないのに、こうして手入れをしてくださる持ち主の方にお礼をしたい。また、落ち葉が落ちていて、これが肥料になって雑草を生やすので、落ち葉掃きをしてみたい気持ちだ。

s-BOSAIHOSO昨日、防災放送のスピーカーの近くを歩いていたところ鳴り出し、そのうるさいことにびっくり。近所の人たちは慣れているんだろうけど、うるさいだろうなぁ、と思う。この防災放送、よく考えるとおかしなことだらけだ。
まず、「こちらは防災朝霞です」という名乗りが変。一体誰なのだ。市役所なら「こちらは朝霞市役所」でよいし、警察の要請なら「朝霞警察署の要請です」でよいし、「防災朝霞」なんて略称している組織はどこにもないはずだ。他の自治体でもそうで、「防災千代田」「防災福生」と防災+自治体名をかぶせて全国画一的に放送しているけど、情報発信者をぼかすことに何かの作為でもあるのかな。防災・防犯に関係すれば何やってもよい、という風潮も感じる。
さらに、この放送で子どもに帰宅を促すメッセージを放送することの効果がかわからない。塾通いが今は多いが、それだけが許されている感覚もへん。本気で子どもの夜間外出が危険だと思っているなら、「防災朝霞」は塾の夜間営業なんかも自粛を要請しないと。
すぐ隣の新座市は迷子や認知症老人の捜索放送も行っている。ご本人の名前を高らかに放送されるのを聞いていると、迷子や徘徊の対策がこれでいいのか、これだけでいいのか、再考する必要もありそうだ。

それで思い出したのは、封建主義者の評論家、呉智英さん。東京から故郷の名古屋のとなりの西枇杷島町に隠遁したが、家の近くに防災放送のスピーカーがあるらしく、毎日定時に大音響の放送が流れ迷惑だ、ということで町役場にかけあったが、全然考えようともしなかったらしい。町を相手取って放送の差し止めの裁判を起こした。しかし残念なことに敗訴している。

東武東上線は、池袋駅とラッシュ時間以外は出発のベルを鳴らしていない。ホームの放送も電車が近づいている案内はするが、ホームに止まっている電車の放送は、池袋と和光市以外はほとんどやっていない。それで全然不都合はない。そういうところはどんどん合理化した方がいいと思う。

最高裁第1小法廷;防災放送塔の音楽差し止め訴訟、呉智英さんの敗訴確定(05年8月3日)

 愛知県西枇杷島町(現・清須市)が00年の東海豪雨をきっかけに翌年に整備された防災放送塔から毎日午後6時から71秒間、ドボルザーク作曲の「新世界より」第2楽章「家路」の旋律の放送で「静かな生活を求める権利が侵害された」として、同町に住む評論家の呉智英(くれ・ともふさ)さんが町を相手に放送の差し止めを求めた訴訟の決定があった。 

決定は、「民事訴訟法が定める上告理由にあたらない」とだけ述べ、実体的な判断は示さなかった。これで、「放送による騒音は受忍すべき限度を超えていない」として差し止めを認めなかった1、2審の判断が確定した。

|

« 12/29 理解の壁 | トップページ | 1/1 施設をもらわないと救急医療をしないのか »

コメント

 「ぼうさいあさか」というのは、総務省で定めている「呼出名称」というものです。無線送信(放送)の最初には必ず送信しなければならないと、確か電波法で決まっていたはずです。別にぼかしている訳ではないのです。
 ラジオ放送も、「JOAK、NHK東京第一放送です」とか「こちらは、J・O・K・R TBSラジオです」とか「こちらはダイヤル1242、ニッポン放送です」とか放送しているはずです。(この場合は「えぬ・えいち・けい・とうきょうだいいちほうそう」、「てぃー・びー・えすらじお」とか「にっぽんほうそう」が呼び出し名称になりますね。)
 防災放送以外の放送については、確か試験送信で許可を受けているはずだったと記憶しています。
 防災放送については、大音量で迷惑だという苦情や逆に何を言っているのか分からないという苦情が多いのが現状です。方策としては、「テレモ自治体情報」からの同報メール送信(これもうざったい、という人もいる。)とか、熱海市が行っているように、市民に防災無線を聞くことができるラジオ受信機を格安で配布するという方法しかないのかな、と思います。

投稿: 窓灯り | 2005.12.31 23:22

窓灯りさま、なるほどです。
熱海市のようにラジオ放送を使うというのは重要かも知れませんね。
うちは市境なので、新座市のがかすかに聞こえ、朝霞市の無線放送は全く聞こえていません。
実際、災害になったときに、どこまでラジオの情報が有効なのか、次の大震災のときには神戸のときのように携帯電話が機能するのか、わからないことだらけです。いろいろ疑わなくてはならない中で、防災放送を全く無くすことは心配が残りますね。

投稿: 管理人 | 2006.01.01 00:17

偶然こちらの日記を拝見しました、防災朝霞の麓民ですw。ほんとうにうるさいです。実際、この放送で行方不明者の発見にどうつながるのかわからないし(発見された時は放送されないようですが?)、こんな大音量、許されるんでしょうか?
昨今、海辺の若者の騒音が問題視され、あっという間に海水浴場が静かになったらしいですが、対して、公益に供するという理由(?)がつくだけで、理不尽な騒音が許されるというのもおかしな話です。

投稿: 匿名希望 | 2014.08.15 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/7928820

この記事へのトラックバック一覧です: 12/31 かわいそうなスピーカーの麓の人々:

« 12/29 理解の壁 | トップページ | 1/1 施設をもらわないと救急医療をしないのか »