« 10/9 小さな政府は何も目指さない | トップページ | 10/11 負け犬を変える巨大プロジェクト、母になれるか? »

2005.10.10

10/10 クルマを運転して見えるもの

昨日、どうしても自動車を運転する事情があって、レンタカーを利用した。駅のないところを通ると、いろいろ発見があった。

ロードサイド店が増え、その出入りがちょこちょこあって、2車線の幹線道路はどこも慢性的なノロノロ運転となっていた。やはりロードサイド店から割り増し税を負担させる必要があると思った。
豊臣秀吉は、京都の町家に間口で税金を課した。そのため長細いウナギの寝床のような家ばかりになったというのは有名だが、これは合理的な街づくり誘導策で、歩いて生活をするためには、間口の広い家や店がたくさんあると生活する人の歩数を増やしてしまう。歩いて生活することを前提とした都市づくりのためには、そうしたことが大切なことになる。

ついでにあひるのおまるを探していたので、曲がりなりにも中央線の沿線となる、チェーンの子ども用品店ベビザラスに行く。アカチャンホンポや西松屋と全然格が違う品揃え。そして、来ている客も、成金の雰囲気漂わせた人が多い。アカチャンホンポや西松屋は、生活感あふれる人たちでいっぱいで何となく安心する。でも、やっぱりメーカーのおまるしかなくて、あひるのおまるは無かった。おまる=あひる、という常識はどこに行ったものか。

それはともかく、駅近くの都会に住んでいるのと、全く行動パターンが違ってくる。都道府県境も何もおかまいなしだし、買い物の量も全然違う。スーパーでカートが置いているが、普段は全然使わない。買い物かごに持って歩けないほど買い物したって持ち帰れないからだ。しかし、ロードサイド店ではいくらでも買い物ができてしまう。
そして看板のデカいチェーンの店ばかりにしか行かなくなる。
また逆に、われわれノーカー族は、機転のきく商売人がみんな郊外に出ていってしまっているので、都心でしっかり商売しようとしている西武セゾン系(西武百貨店、無印良品、パルコ)の店しか行く場所がなくなる。その結果、負け犬と言われる30代独身女性が西武セゾン系の店でしか買い物しなくなるということなのだろう。

●民営鉄道協会が電車内の迷惑を発表。昨年まで携帯電話だったが、今年は座り方が一位。通勤混雑率が低下してきて、座ることの迷惑が注目されてきたと思う。

私は通勤電車でまわりの人に神経質になってしまう。
座っている人のマナーでいうと、足を広げられることが一番不快だ。男の膝がのしかかってくる重みは不愉快だ。次に肩を抜かないことが不快。二の腕を背もたれにつける人のことだ。肘が腰にあたって痛い。これをするのは田舎者と馬鹿にされていたものだが・・・。
足を投げ出して座るのも。座れたのだから、立っている人に気を遣えないものかと毎回憤慨している。抗議行動もすることがある。
座り方が悪い人は、いすに浅めに座り背もたれにきちんと背中をつけていないからそうなる。背中だけでは座っていられず肘が背もたれについて体を支えるため、肩が抜けない。そして足が座面で支えられないから広げて安定を取る。そして腰の位置が前に出ているから足が投げ出される。

立っている人も含めると、新聞の読み方が悪い人や音漏れするヘッドフォンも気に障る。ソニーの馬鹿がMDプレーヤーにイヤフォンではなくヘッドフォンつけて売り出してから、平気で音漏れさせている団塊ジュニアが目立つ。それから電話が苦手なので、携帯電話の呼び出し音も神経に障る。
傘を腕に掛けるときに手前側に掛ける人がいる。濡れている傘ならともかく、手前に掛けると、鞄や足が傘の先を押しだし、結局周囲の人を突っつくことになる。乾いた傘なら腕の向こう側に掛けるべきだ。そうすると傘の先は自分の方に向かって、人をひっかけたり刺したりすることはなくなる。
体育会系で野球部でもないのに、不必要に長いバックを持ち歩く輩。通勤電車の敵です。部活の上下関係を学んでも、国家財政で学生やってんでしょ。労働者に気を遣ってください。

ドア周囲の場所を取ろうとして電車にいつまでも乗らない人。降りる人を邪魔して踏ん張っている人。そのくせ次の駅で降りるわけでもなかったりして、自分は一秒でも速く降りるために場所取りに頑張っているんだろうけど、電車が遅れて結局意味がないのだ。

<電車内迷惑>ワースト1は「座席の座り方」、2は「携帯」

 電車内迷惑の1位は「座席の座り方」――。日本民営鉄道協会は、乗客6000人を対象に実施した「マナー」についてのアンケート結果をまとめた。
 ワースト3は「足を広げる」「優先席に若者や健常者が座っている」「混雑時にも詰めない」などの着席に関するものが4人に1人の25%。次いで「携帯電話のマナー違反」が約20%、「乗降時のルール無視」が約9%だった。以下、床に座る、車内で騒ぐ、ヘッドホンの音漏れ、女性の化粧、荷物所持、たばこ、車内飲食の順となっている。
 同協会は、大手・地方私鉄71社の駅や車内に「迷惑行為ランキング」のポスター6万枚を掲げて、マナー順守を呼びかけている。【斎藤正利】
(毎日新聞) - 10月8日10時29分更新

|

« 10/9 小さな政府は何も目指さない | トップページ | 10/11 負け犬を変える巨大プロジェクト、母になれるか? »

コメント

電車での無礼者に共感します。
私は以前、片道30分の電車通勤をしてましたが、ホームにおいての学生の割り込み、年寄りに席を譲らない若者、終電の酔っ払いに嫌気が差していました。
割り込みにしても不道徳な乗客にしても、見つけたときには、いちいち注意をしていましたし、高校名がわかった学生はメールで学校にクレームを言ったこともあります。
しかし全体としていっこうに改善されなかったので、通勤手段をバイクに変更して、外部からのストレスを断ち切りました。
本来ならば、通勤時間は一人きりになれる貴重な時間なんですけどね。

投稿: シンタロウ | 2005.10.11 16:22

今は都内に行くのは週にせいぜい2回なのですが、必ずいるのが音漏れと、横入りです。
ソニーとアップルから音漏れ税を取ってほしいくらいです。

ちなみに、ぷーと鳴るところが壊れた三輪車(走る)とベビーバスなどはありますので、入用ならメールください。市内の選挙民にはあげられませんので。

投稿: takeyan | 2005.10.12 01:32

シンタロウさん、takeyanさんコメントありがとうございます。
みんなが少しずつ気をつけてくれれば、みんなにとって快適空間になるのですけどね。鉄道会社も混雑率が下がってきたのだから、快適空間になるような工夫をしてほしいものです。
それでも、札幌時代より、往復1時間半、本を読めることが通勤電車のいいところです。職場が不祥事を起こして、懲罰のように出勤時間が30分早められました。そのことで読書できないときがあります。それがもったいないです。

投稿: 管理人 | 2005.10.13 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/6342334

この記事へのトラックバック一覧です: 10/10 クルマを運転して見えるもの:

« 10/9 小さな政府は何も目指さない | トップページ | 10/11 負け犬を変える巨大プロジェクト、母になれるか? »