« 9/17 NPOをタダで働かせ搾取する市役所 | トップページ | 9/18② 視聴率競争の枠を超えて »

2005.09.18

9/18 民主党の尻ぬぐい役

民主党の党首になった前原が、労組とりわけ官公労とはとたもとを分かつ、と言っている。闘う体制としきりに言っているが、憲法9条の積極的改正や、小泉的な構造改革の推進、緊縮財政など、政策も、そうした党運営のアイディアも小泉の半周遅れのことしか言っていない。党内の敵を痛めつけて純化路線に走れば国民の拍手喝采の支援を期待しているのだろう。小泉の猿まねで浅はかだ。小泉首相だって次は同じ手は使わないだろう。もっと新しい手を考えて来るに違いない。そうした後追いの改革ポーズに国民は物足りなさを感じているのだ。
かろうじて暖かみのある政治と言って社会保障制度の充実を訴えているようだが、お金を増やすこと以外に何も言及されておらず、ブッシュが初当選のときに民主党支持者を取り込むために「思いやりのある政治」と言っているのとそっくりだ。
党幹部の人選もうなってしまった。鳩山、野田、松本と選んだ党幹部の顔ぶれ見てげんなり。二流保守おっさんのラインナップ。

前原は労組との関係はきれいなのかも知れないが、オカルトチックな京セラの稲盛会長などとの関係は不透明だし、よくわからない。松下政経塾関係の議員たちは何かある度に稲盛会長に指示を受けているということが言われているが、そのあたりの関係性もきれいにしてほしい。

前原がたもとを分かつと最初から言われているのだから、労組は民主党の意に沿う意見集約は難しくなったと思う。連合系労組は、政権交代を実現すれば、不透明な政権与党の意志決定システムを透明化させて、勤労者階層の政治参加の途を開く、という見込みで、民主党を積極的に支援してきた。しかしこうまで労組の関わりを否定されていけば、今後、非現実的な社民党支持活動家の批判に強くさらされ、参議院比例代表の候補者を出すことができない可能性は高くなったと思う。また、前原体制が何年か続けば労組が明確に民主党支持を明確に打ち出すことも不可能になるだろう。

民主党は議員どうしの話し合いがちっともうまくいかないと、労組や官公労の責任にする。自分たちの支持が伸びないことも労組や官公労のせいにする。官公労より民間大企業労組のほうがまともなのだろう。労組より経団連や京セラのオカルト会長の方がまともということなのだろう。

恥をさらすようだが、労組は今、成長なき経済の運動モデルが描けなくなっていることや、団塊の世代の最後の出世競争の影響で、自己改革が遅れ、内部の問題のほうが大きく、政治にあれこれ指図する余裕はない。山岸会長時代や、その後の政治改革の時代の連合のように、安保世代と全共闘世代がまだ若者でがんがんやっていた時代とは全然違う。そのために政党に圧力を掛けるなんて余裕はないのが実態だ。

民主党議員のいいなりに人を出させられて、名簿を出させられて、お金を出させられて、党が政策がまとめきれないと、基礎データも何も押さえない思いつきをまとめた文章を直せと持ってくる。またつまらない話しかできない幹部たちの代わりに笹森会長に応援弁士を頼む始末。批判するまえに自分たちの体制をきちんとしてほしいものだ。民主党議員の事務所にパンチパーマの秘書がいたり、ひどい場合は、今日捕まった小林憲司のように麻薬常習者がいるなんて、あってほしくない。

私の勤務する労働組合の未来を心配してくれる民主党地方組織の職員から、組合員の利益だけを考えるなら、いつか自民党を支持する時代が来るかも知れないね、なんて言われて、複雑な気持ちになったことがある。
しかし、党内抗争のスケープゴートにされるなら、そういうことも考えられる。組合員から少なくない組合費で組織を運営している以上、スケープゴートに甘んじていてはならない。民主党のおかげで組合が救われた経験もないし、まして勤労者全体の利益も考えてもらった記憶もない。年金だって、いかに保険料を払わせようかというアイディアしかない。
共産党系組合員がしきりに「政党支持の自由」を求めるが、それへの答えとして、組合員の幸福のためには野党を応援する必要はないかも知れない。

|

« 9/17 NPOをタダで働かせ搾取する市役所 | トップページ | 9/18② 視聴率競争の枠を超えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/6002495

この記事へのトラックバック一覧です: 9/18 民主党の尻ぬぐい役:

» 民主党元国会対策副委員長が覚せい剤所持で逮捕! [One And Only]
衆右知7区で落選した民主党の元衆院議員で国会対策副委員長だった小林憲司容疑者(41)、私設秘書の安藤貢視(41)、元私設秘書の佐伯正晴(40)の3人が18日、覚せい剤取締麻反(所持)の現行犯で、愛知県警と警視庁に逮捕された。 今年3月、愛知県警と警視庁に「..... [続きを読む]

受信: 2005.09.19 01:27

« 9/17 NPOをタダで働かせ搾取する市役所 | トップページ | 9/18② 視聴率競争の枠を超えて »