« 9/16② くどくど言って居場所を残す | トップページ | 9/18 民主党の尻ぬぐい役 »

2005.09.17

9/17 NPOをタダで働かせ搾取する市役所

市内の人とお茶話をする。市の事業を市民団体に委託するものの、その内容は丸投げで、委託費は払わず仕事をさせている。民間でできるものは民間で、と言って市の事業を民間に委託しながら、安くあるいはタダで働かせて、市役所の職員が何の痛みも分かち合わないのは、本当に疑問だ。

市民の力やNPOを、ただ働き要員あるいは低賃金労働力とみなすような市民参加なら大問題で、今後この問題点を追及していく必要がある。

NPOについては、行政事業の受託しているところや、介護関連で労働力を提供しながら、行政から最低賃金以下の委託費しかもらえないところも多い。そうしたところでの労働組合結成や、対行政の交渉を強めていくことも必要になってくるだろう。
公務員批判の根底には、現場でサービスをつくり、事業をつくっている委託先の民間労働者やNPOに比べ、委託する側の公務員が、行政の財政事情、つまり自分たちの職場の都合しか語っていないからだ。財政事情以外は委託に対して何一つ前向き言葉が見られない。それなのに、委託する側は何の痛みもなく、評論家のようなことしかしていないからだ。

●民主党の党首が前原になった。中堅若手世代の代表のようにマスコミは伝えているが、支援者は当選4、5回の議員が中心で、当選1、2回の議員の大半が前原支持とは言えない。現に前原氏の推薦者に当選1、2回の議員は少ない。それなのに中堅若手が応援しているかのような誤報をするところに、最近の政治報道の問題点を感じる。特に毎日新聞の政治欄にそうした事実をねじ曲げた断定にもとづくイメージで語った記事が多い。購読停止を考えている。
※政治家になる塾と政治家しか経験のない人に公務員批判を聞かされても・・・。品のない話です。

前原氏の推薦人に前原氏を擁立した仙谷政調会長や、枝野政調会長代理などが表に出ていない。彼らは選挙区では菅直人に信頼されて活躍しているかのような宣伝をしているからだ。また、労組を切るかのように言っているが若林秀樹や伴野豊など、労組直系の議員もいる。よくわからない。

|

« 9/16② くどくど言って居場所を残す | トップページ | 9/18 民主党の尻ぬぐい役 »

コメント

なぜか、和光市役所は委託先の賃金などには契約で決して触れません。べつに入札の条件と契約に入れればいいことなのに、なぜか入らない。
不思議です。

投稿: takeyan | 2005.09.23 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/5989877

この記事へのトラックバック一覧です: 9/17 NPOをタダで働かせ搾取する市役所:

« 9/16② くどくど言って居場所を残す | トップページ | 9/18 民主党の尻ぬぐい役 »