« 7/26② 市民が参加できる行政改革を意見【追記】 | トップページ | 7/27 懲罰のありかた »

2005.07.27

7/27 知事の中立宣言の真意

先日、ソウル大学の朴先生に随行されていた大学院生さんから再びヒアリングを行いたいと申し入れを受ける。

夕方、同年代の職場の同僚たちと打ち合わせ。深夜までかかる。

●上田埼玉県知事が、26日の定例記者会見で、民主党の知事選の恩義は返した、民主党との貸し借りは精算されている、と発言した。

前から、いつ上田氏が民主を離れるかと関心をもってきた。地域の系列地方議員たちもさすがに自民党ではないが、民主党員になるわけでもないようで、上田氏が他の民主党の保守系議員ともちょっと体質が違うな、と思ってきたし、民主党に骨を埋める気はないと感じてきた。

今回の発言は民主党との決別発言ではないが、中立宣言になる。次の衆議院選挙で気に入らない人と、気に入っている人を選別して応援する、ということだろう。

|

« 7/26② 市民が参加できる行政改革を意見【追記】 | トップページ | 7/27 懲罰のありかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/5185190

この記事へのトラックバック一覧です: 7/27 知事の中立宣言の真意:

« 7/26② 市民が参加できる行政改革を意見【追記】 | トップページ | 7/27 懲罰のありかた »