« 11/3  | トップページ | 11/6 NTT固定電話 »

2004.11.05

11/5 小田急線の反対運動

間は1日で済みました。復活です。
といっても忙殺されて、書くことがありません。
ブッシュが再選されたことも、ケリーのパンチ不足を考えると仕方がない。鳩山由紀夫みたいな存在?。お金持ちだけどスタンスがはっきりしないし、ともすればブッシュの政治の前提条件になっていることを否定しきれていない。前大統領のほうが、人気もあるし、スタンスも明確だった。ここ2回、注目されているアメリカの前近代的な選挙システムにびっくり。

来月、小田急線の複々線化の9割方完成にともなうダイヤ改正に改正に対して、小田急線の高架複々線化反対運動のメンバーがダイヤ改正差し止めの訴訟を出したという。
大方の市民運動に共感する私が、小田急線の複々線化反対運動に全く共感するものがない。
第1に、小田急線のひどい混雑と、この複々線化区間に該当する世田谷区の住民の被害と比較すると、あまりにも混雑による被害のほうが大きく、1時間に30本以上運転している小田急線の現状を考えると複々線化以外に解決法がない。この被害の大きさを考えると、ここで白紙に戻すことが妥当なのか疑問である、第2に、沿線住民は、小田急線開通後に小田急線の線路沿いの土地を買った人ばかりである。当時の電車は今の電車より騒音が大きく、便利さと騒音との比較はされていたはずである。そして、この人たちは、比較的恵まれた経済状態におかれた人たちである。小田急線の混雑に耐えているのは、安価な住宅を求めて長距離通勤をする、町田、厚木、伊勢原といった地方の住人である。第3に、裁判闘争一本槍という手法の問題である。一般人には参加できないような法律テクニックや専門的技術に議論を持ち込み、通勤地獄に耐えるだけで精一杯の人たちには全く議論に参加できないようにしていることである。

もっとも、こんな劣悪な通勤電車を作ってしまった政策のミスリードもある。
一番大きいのは、通勤手当の税控除上限を5万円にしていることである。このことで、多くのサラリーマンはどんなに遠くに住んでも通勤手当は無税になる。そうなると小田急線のような長大で住宅地として人気のある路線は、どこまでも開発されていくことになる。その結果としての長距離通勤者の増大、乗数効果的に混雑率が上がる、ということになる。
国税で交通に使われる財源のうち、大半が、道路、その残りのわずかを新幹線と地下鉄にバラまかれ、民営鉄道の整備には一切、税金が使われなかったこともある。その結果として、民営鉄道の通勤輸送は、その設備条件に対して、多すぎる電車を走らせて解決している。そして、速度の低下や遅延などの問題を日常的に発生させている。

この差し止め訴訟で迷惑する利用者側にも問題がないわけではない。町田、厚木、伊勢原の住民たちが、通勤地獄で生活の大半を浪費しているにもかかわらず、我慢し、沿線不動産屋のただのカモになっていることだ。利用者がきちんと声を挙げ、組織化し、公共交通機関や政府にものを言う自治が必要だ。これができて、初めて世田谷の阻止運動とフェアに対抗できる。

なぜ小田急線がこんな問題を誘発するほどいいのかかわからない。電車は遅くて、内装は薄暗い。沿線は山だらけで住みにくそう。世田谷には小田急線の増発にネックになるような市民運動の存在。代替交通もほとんどない。
私の使っている東上線は、こんな差し止め訴訟もないし、ラッシュのひどさも、小田急線の3分の2以下。遅いのが問題だけど、小田急よりまし。

|

« 11/3  | トップページ | 11/6 NTT固定電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1876436

この記事へのトラックバック一覧です: 11/5 小田急線の反対運動:

« 11/3  | トップページ | 11/6 NTT固定電話 »