« 9/6 国際興業バス | トップページ | 9/8 若年層の弱さ »

2004.09.07

9/7 ストは子どもの教育のために

プロ野球選手会がストに入ることを表明。スト回避に向けて話し合いが進められる。
そのことをめぐりスト否定派からくだらない意見が相次いでいる。
今回、プロ野球が労働者か、ということが問われている。年俸がどうだとか、個人請負だとか言う話があるが、使用者や使用者の利益を代弁するものでないのだから、労働者であろう。年俸制がダメ、個人請負がダメというなら、日雇いの建設労働者などが労働者ではなくなるし、年俸制の企業で働く雇用者は労働者でなくなる。年俸の高低は線引き不可能で問題外。
名称が労働組合ではない、というものがある。労働組合としての要件を満たしていいれば、労働組合と名乗らなくても、労働組合とみなされるのでこれも問題外。最近は労働組合とかぶせていない労働組合は多いし、日本の中堅企業では、労働組合と名をつけると徹底的に弾圧されるため、職員会などの名前で労働組合の機能を果たしているところが多い。
「ストが教育上よくない」とわかったようなこと言う人だ。どうして教育上よくないのか。もめることすべてを子どもの眼から覆い隠そうとするから、バーチャル系の子どもばかりになって、おかしなことになるのではないか。
誠実に働いてきた自らの雇用に関して、生活のために、自分の職業の尊厳のために行動する、というのは立派なことだ。何もしないで会社をクビになってしまうパパと(それも責められはしないが)、どちらが子どもに尊敬されるのだろうか。子どもの生きる力を励ますのだろうか。
スト問題をきっかけに、野球選手と、球団経営者が真剣に話し合ってほしい。

●内田春菊「ぬけぬけと男でいよう」読む。さすが。

|

« 9/6 国際興業バス | トップページ | 9/8 若年層の弱さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1377145

この記事へのトラックバック一覧です: 9/7 ストは子どもの教育のために:

« 9/6 国際興業バス | トップページ | 9/8 若年層の弱さ »