« 9/1 寝巻きで防災訓練 | トップページ | 9/4 シネコン »

2004.09.03

9/2

社会民主主義者の友人2人と焼肉を食べる。そこそこで切り上げて、調布のスーパー銭湯に行く。お湯につかりながら社会民主主義談義にあけくれていたら、長時間入って、汗がとまらなくなった。やせるかな。

社民党が消費税の増税に反対する方向を検討しているらしい。貧乏人から税金を取るのはかわいそう、という感覚はいいが、この党の掲げる社会保障の充実はどこへいくのだろう。
私は、もっと税金をとって、社会保障を充実させることが重要だと思う。

税を取らなくては、社会保障が整備できない。社会保障が整備できなくても税金が安ければいいという考え方なら、社民党は新自由主義そのものではないかと思う。
消費税が弱いものいじめ、という言い方がある。そうだろうか。税金はかならず公的支出というかたちで社会に還流する。その公的支出で社会保障制度が整備された場合、多くの人にとっては払う消費税より給付のほうが多い。その整備された社会保障で、預貯金や生命保険で過剰に備えをする必要がなくなり、より豊かな消費が可能になる。
なお、消費税が経済的弱者に厳しい税というなら、国民年金保険料について誰もどうしようともしない。これこそ人頭税であり、払わなければ、老後月3万以下の年金になってしまう。消費税が弱いものいじめという前に、こちらの方を何とかする議論を組み立てるべきだ。

|

« 9/1 寝巻きで防災訓練 | トップページ | 9/4 シネコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1349481

この記事へのトラックバック一覧です: 9/2:

« 9/1 寝巻きで防災訓練 | トップページ | 9/4 シネコン »