« 8/19 8つの特色 | トップページ | 8/21 疲れたら団結がんばろう »

2004.08.20

8/20 ムトーハップ

本日、入籍しました。出会ってちょうど1年の日にこだわり出しました。戸籍に縛られるのはどうか、という思いもありますが、日本の民法では結婚届を受理されたほうが保護される範囲が広がるので、そうしました。もう妻と呼んでいるので事後報告になります。結婚式をやっていないので、1つの大事な節目です。

温泉水増し事件が相次いでいる。職場で向いに座っている女性の同僚は「食品添加物に比べれば毒じゃないんだし、ムトーハップが体に効能がないというわけじゃないんだからね、温泉の効能より色を信じる旅行客がいるんだから仕方ないわよ」と言う。私も、そんなに悪いことではないと思う。

しかし、この事件を通して、単に騙した、騙されたということより、こうして騙さないとやっていけないような、温泉旅館の質より量という経営のやり方に問題点が多いのだ、とあらためて認識した。

職場の労組が不祥事を起こすまで、温泉地で会議をすることが多かった(不祥事があってなぜ温泉地で会議やったらいけないのかわからないが)。温泉といえば湯けむりを始め情緒的なイメージだが、労組の会議のような団体客を受け入れる温泉旅館街というのは、温泉地の狭い道路の両側に7~8階建ての旅館がずらっと並ぶビル街だ。雰囲気も風情もない。
宿泊すると朝7時にはたたき起こされて、食事に行くように促され、ぼやっと寝ていると、布団を片づけるため引きはがそうとする。ベルトコンベアに乗せられた扱いだ。その宿泊費は決して安くはない。所詮、労組の会議だからなぁ、なんて自分を納得させて、私費を払っては絶対来ないと確信する。

温泉の水増しは、お客が入れば入るほどいいからといって、旅館の建物を鉄筋コンクリートにして広げて、そのしかけを維持するランニングコストをまかなうために、さらにたくさんの客を入れて効率的にさばく、といった経営が招いた問題ではないか。

朝霞市の地域福祉計画でどんなことを考えたらいいか、リスト化に着手した。あと方法論を詰めて、それを提起していきたい。社会福祉法の要請事項、すでにされている地域福祉、地域福祉の教科書に一般的に書かれている問題、朝霞市特有の課題に対応する地域福祉に分類して、整理していこうと思う。

同僚と焼肉を食らう。わいわいと楽しく食べれた。

|

« 8/19 8つの特色 | トップページ | 8/21 疲れたら団結がんばろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1234995

この記事へのトラックバック一覧です: 8/20 ムトーハップ:

« 8/19 8つの特色 | トップページ | 8/21 疲れたら団結がんばろう »