« 7/27 メンタルヘルスの調査 | トップページ | 労組の職員 »

2004.07.28

7/28 最近のAERAって

最近のAERAって、雑という感じが抜けない。

「年金破壊4 税金を食う公務員年金」というタイトルで、公務員共済年金に批判が加えられている。
この記事の終わりは、公務員は年金一元化に反対してけしからぬ存在、ということが言いたいようだ。公務員としての複利厚生がどこまであるべきかということは、難しい線引きで簡単に断定できるものではない。安直な書き方でいいのかと思う。

ところで、この記事を書いた記者は「編集部」となっている。朝日新聞の直営記者だ。では、朝日新聞社はどうなのか。
朝日新聞の記者の年収は公務員どころではないぐらい高い。企業年金はベールの中。取材には今どき民間企業の社長も乗れないような高級車でやってくる。
不規則な時間に日夜たがわずに取材をし、書き続けているという仕事の特性上、その給料の高さや待遇の良さは仕方ないのかもしれない。

しかし、同じ朝日新聞社で働き、朝日新聞や週刊朝日、AREAを売っている、新聞販売店の労働者の給料や待遇はどうだろうか。年金加入権も保証されているのだろうか。彼らの日夜の努力なしには、記者の年収など成り立ちようがないのに、求人誌に出ている販売店労働者の待遇は記者とは比べ物にならない。

そのことについて一度も触れないまま、公務員にだけ特権の一元化を求めるスタンスが、矛盾だ。

最近のAERAは、セックスレス、負け犬がらみの記事が目立つ。記事そのものは面白いが、事例に出てくる人々がマスコミ関係者ばかりだ。身内の情報源ばかりの雑誌づくりこそ、身内しか見えていないのではないか。

|

« 7/27 メンタルヘルスの調査 | トップページ | 労組の職員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1069464

この記事へのトラックバック一覧です: 7/28 最近のAERAって:

« 7/27 メンタルヘルスの調査 | トップページ | 労組の職員 »