« 7/29 働く者の鑑 | トップページ | 8/1 同志 »

2004.07.31

7/30 座れる電車

機関紙の校正が早々と終わった。あとは印刷待ち。
この作業に携わるようになって3年、まだまだだが、それでもこれはこうしたほうがいい、というような感覚みたいなものは着実にできてきたなぁと思う。
最初は、禁じ手や、くどいレイアウト組んで、先輩に怒鳴られながら、直していたことを思い出す。

家路の東上線に、6か月ぐらいのややお腹の重たくなり始めた妊婦が乗っていた。すきまや足を広げてすわっている人に挟まれて、遠慮がちに座っていた。なぜ、周囲はもっと気がまわらないんだろうか。
席を譲るのの是非が新聞の投稿でよく話題になるが、きちんと座ればみんなが座れる。立っている人もゆとりが持てる。若い人のマナーが悪いのは昔からだが、最近は中年のマナーも相当悪い。なぜ足を閉じて座れないのだろうか、肩を抜いて座れないのだろうか。

通勤電車の長いすの構造も問題。今の東京の通勤電車の標準スタイルは席が少なく、落ち着いて座れるようなつくりではなく、荷物でも多ければほんとうに居心地が悪い。こんなものは高度成長期の混雑率200%300%時代の遺物だ。

こんな電車ばかり走らせていると、マイカーに客が奪われている傾向が続くだろう。

あすは朝霞市の祭りで花火があがる。私の家から見えるだろうか。

|

« 7/29 働く者の鑑 | トップページ | 8/1 同志 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44442/1090176

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30 座れる電車:

« 7/29 働く者の鑑 | トップページ | 8/1 同志 »