2017.12.08

12/7 持ち家を握って離せない日本社会の住宅政策の病理を聴く

Dscn99397日夜、景観と住環境ネットワークさんが主催した「岐路に立つ「古、遠、狭」の大規模分譲団地」というテーマで松本恭治先生の話を聴いてまいりました。松本先生は、分譲マンションや団地のコミュニティーに入って経年的にフィールドワークをしてきた方です。高齢化と住宅の問題で、非常に参考になる話を、漫談調で抱腹絶倒で聴かせていただきました。

私が言い続けている朝霞のマンション問題に、さらに違う切り口ができたみたいです。
今の朝霞市の220棟の分譲マンションが、築50~60年になる2050年頃までに、高齢化や相続に対処するスキームを作っておく必要がありそうです。近隣のマンションとの協同組合を形成しながら集約、解体のスキーム、筐体が築100年ぐらいまではもちそうなので、人を入れ替えを誘導していく仕組みなどが必要なのかと思いました。

神奈川県内のマンションコミュニティーと管理業務を必死にやってきた団地でも、高齢化によるコミュニティーの崩壊、担い手の空洞化に耐えられない、という事例を紹介しながら、以下のような指摘をされていました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

12/7 自治体の仕事は人件費的なものばかりに表出するものです~市議会民生常任委員会の審議

7日、市議会民生常任委員会が開かれました。補正予算、介護保険の低所得者の利用料補助の審査に係るマイナンバー制度の適用など、市長提出議案3件と、国民健康保険税の値上げをしないよう求める請願1件が審査いたしました。私は4件いずれも賛成し、市長提出議案は全部可決、請願は与党系議員の反対で否決されました。

🌑協会けんぽ、健保組合、公務員共済短期には所得比例の保険料しかありませんが、国民健康保険税には、世帯中心の制度なのに、家族数によって人頭税がかけられる仕組み加わっており、国は「応益負担」などという最もらしい理由でこの比率を高めよと誘導策を採っています。そのなかで、ふじみ野市が子どもの3人目からこの人頭税を課さない制度に変えています。富士見市も続くようです。多子世帯の支援などというよくある名目なのでしょうが、人頭税的な制度がそもそもおかしいというなかでの一つの解決策として取り得る選択肢かなとみています。

🌑市議会議員になってから6年担当した民生常任委員会。18日の最終日に所属委員会の変更が行われます。引き続き所属するのか、違う委員会に行くのかわかりませんが、一つの区切りとなる7日の委員会です。

🌑各議案の審議のようすです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.12.05

12/4 公務員は誰が選ぶか~1日の議案質疑から

1日、市議会本会議で市長提出議案の質疑がありました。私の質疑では、市職員定数を最大31人増やす権利を市長に与える条例に関して、積算根拠を問いましたが、なんとなく福祉と、住宅部門、オリンピックパラリンピック対策、保育士の非常勤職員採用が困難を来しているから正規職員で充足する、という感じの答弁がされたことと、来年度の人員配置は明らかになったものの、31人分の明確な算定根拠がないということが明らかになりました。

もちろん公務員の採用にも「あそび」の枠が必要で、それを表現するかはいろいろあるのでしょうが、定数増の大半が見えないまま承認してしまうのは問題です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.11.30

12/1 市職員の20人増の根拠をきく~市長提出議案に対する質疑を行います

12月1日9時から、市議会本会議で市長提出議案への本会議質疑が行われます。

私は、11議案中、7議案で質疑を行います。

衆院選の経費を事後的に計上した補正予算第3号では、総選挙の概況と、解散権の憲法規定の課題などを確認していきます。

補正予算第4号では、街灯の撤去をめぐる補正で街灯の管理者のあるべき状況をどう検討したのか、ふるさと納税の合理性などを確認していこうと思います。

下水道補正予算では、雨水排水管工事の内容を確認します(具体的な内容の説明が提案でも資料添付もなかったので)。

機構改革にかかわる部室設置条例の改正案には、部課係の再編の意図を再確認していきます。

職員定数条例には、定数増の根拠を確認していこうと思います。公務員を増やすな減らせ、という世論は昔より小さくなっていますが、それでも根拠がよくわからない定員増を市民の代表としてそのまま認めることにはならないと思うので、内容を確認して、それ次第ということになると思います。

職員の育休条例改正では、新たに適用される非常勤職員・臨時職員としてどのような人が想定され、年度をまたぐときにどのような手続きとなるのか確認します。

道路設置の議案では、TMGあさか医療センターの開設にともなう道路の改廃とあわせて、通院者・勤務者全員の交通環境に関してどのような調整を行ったのか確認しておこうと思います。

| | コメント (0)

2017.11.28

11/27 12月定例市議会が始まる

27日、朝霞市議会の12月定例市議会が始まり、11本の市長提出議案と、継続案件の3本の請願審査が予定されています。

日程;1日市長提出議案に対する議案質疑/5日総務・建設常任委員会/7日民生・教育環境常任委員会/12~14日本会議一般質問/18日本会議討論・採決
毎回9時開始です。
本会議は傍聴と、インターネット中継が行われます。また1か月ほど後になりますが、ユーチューブによるインターネット録画公開も行われます。

一般質問にエントリされたのは(敬称略)
駒牧、岡崎、津覇、遠藤、福川、田原、大橋正好、柏谷、本山、松下、須田、田辺、小山、大橋昌信、山下、黒川、山口、石川、斎藤、利根川の20議員で、この順番に発言が回ってきます。1日の本会議冒頭で日程の割り振りが決まります。

議案と、私の一般質問通告内容は下記のとおりです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.11.23

11/23 市政オープンミーティングを開きます

12月定例市議会に向けて、みなさまに議案の説明や意見交換をいたします。日ごろ、朝霞市役所の仕事や、地域の課題などお感じになっている方のご参加を歓迎いたします。

日時:11月23日(木)13:30~16:00
会場:朝霞市中央公民館・コミュニティーセンター集会室
      朝霞市青葉台1-7-1
東上線朝霞駅南口徒歩8分
      国際興業バス・西武バス朝霞市役所下車徒歩7分
      わくわく号根岸台線図書館前下車0分
内容:9月定例市議会のご報告
      市の決算
      保育延長料と保育士不足の対応
      新たにやってくる企業への対応
   11月定例市議会の説明
      議案
      私の一般質問
   市政全般に関する参加者との意見交換
   国政選挙の対応のご報告

※どなたでもご参加できます。子連れご参加も歓迎です。
※途中入退場も可能です。
※駐車場が少ないので、できるだけ徒歩・公共交通をご利用ください。
便利なバス「わくわく号」をご利用ください
〇わくわく号根岸台線
  北朝霞駅12:51→第二小学校12:59→朝霞駅「東口」13:13→13:17図書館前着
  図書館前16:38発→16:42朝霞駅東口→14:00第二小学校→14:09北朝霞駅
〇わくわく号膝折・溝沼線
  北朝霞駅12:47→膝折市民センター(膝折一丁目)12:56→栄町3丁目13:05→13:07着図書館入口
  逆は、図書館入口15:48発

🌑この場で意見交換したことが示唆になって、一般質問の内容が豊富になったり、次の質問の機会に取り組むべき課題をいただいたりしています。


   

| | コメント (0)

11/22 市長あてに来年度予算の要望書を提出しました

Dscn9671本日午後、市長あてに来年度予算の要望書を田中副市長に提出しました。例年9月頃に提出していますが、今年は総選挙があり、ずれ込んでしまいました。
11月中旬に朝霞市は予算項目立ては終わっていて、予算額の確定に突き進んでいるので、これは、今後朝霞市の施策に対して、こんなことを質問したり意見を申し上げていくという内容になります。また内容の9割は昨年からの持ち越し事項でもあります。

市長と議会は緊張感のある二元代表制という論に立てば、市長に施策実施の予算つけのお願いをするのは、屈辱的な行為です。
アメリカの大統領制など通常の二元代表制は、行政権に予算編成権がなく議会にあるので、議員どうしの様々な論戦や駆け引きで予算は組み立てられていきますが、日本の場合は、行政権の長である市長に、行政の執行権と予算編成権が両方あり、議員が何か政策を実現したいと思うと、議会で多数派工作して増額予算するのがせいぜいです。さらには手柄目当ての予算増額は、ほめられた話になりにくいので、自治体議員は市長に予算要望を出すことになるわけです。
これを先日、朝霞地区4市の市議会議長会の勉強会で講師の中邨章先生が「強首長制」とネーミングしていました。
本来は行政に予算要望するのではなくて、議員どうしの議論で予算編成をしていくのが、本来の議会の役割なのではないかと思うことがあります。

2018年度予算要望書

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.11.21

11/20 12月定例会の招集

12月定例市議会の招集通知が届きました。予定どおり、24日議運委員会、27日(月)9:00~開始という内容です。

通知されている議案は以下のとおりです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.11.20

11/20 神の座に入れ替わった「現金」の魔力の前のリフレーション政策

Ono_syouhiteimei大阪大学の小野善康名誉教授から、30日発売の「消費低迷と日本経済」をお送りいただきました。

小泉政権の新自由主義の緊縮経済も、安倍政権のリフレーション政策もあまりうまくいかない原因を、需要不足から解き明かすとともに、とくに安倍政権のリフレーション政策の何がまずかったのかを解説しています。
成熟社会になって、単純な物欲が低下しているなか、現金保有願望が高まっていて、いくらお金を刷って市場にばらまいてもうまく使ってくれない。処方として、将来不安をなくすこと、低賃金労働におかれている公共サービスの労働者の賃金改善をすることをはじめとしてとにかく需要側に目をつけて取り組むことが必要、ということ。
興味深いのは、抽象的な概念である現金保有願望は、宗教の域に達しつつあるというような説明は、経済学でも教養を持って見る視点が必要ということを感じさせます。
政治の側では、経営者になるわけでもない人にとって、貯金がなくてもむごい人生にならない、ということをきっちり証明できる制度設計をしていかないとならないということではないかと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.11.12

11/11 注文の多いごみステーション~朝霞の森でごみステーションの運営しました

2017111111日、朝霞の森の開設を記念して始まった秋祭が今年も開かれ、約3000人の来場者がありました。プレーパークの開催、バンド演奏、飲食物の有償提供などが同時並行で催されました。

地縁の強い友人からは「ふだん朝霞市のイベントには来ないような市民が来ている」と驚かれ、住んでよしと思ってもらえるイベントになったかなぁ、と思っています。

私もこの朝霞の森の開放・開設にガンバレガンバレ言った議員として、秋祭に何かできないかと思っていて、初回からごみ整理を担当させてもらっています。

参加者には、単なる分別収集にとどまらず、ごみのがさを抑えるために、パッケージの種類別までした分別収集にご協力いただきましてありがとうございました。
おかげさまで、秋祭の翌日、ごみ一つ落ちていませんでした。
参加者のご協力とご理解、さすがです。
ごみをご自宅に持ち帰っていただいた方もおられました。ありがとうございます。

私のなかでも、参加者からお礼を言っていただいたり、おしゃべりをしていただいたり、面白い仕事でもあります。

イベントでいろいろなものが提供すれば、ごみが出ます。参加者も主催者も扱いに困ります。ごみ持ち帰りを基本としているイベントもありますが、そうすると放置ごみがポツポツでできます。そうしたものの処理をやっていると、疲ればっかり出てきて、次やりたくないな、と主体的に運営する側のみなさんがみんな思ってしまうものです。
それと、土曜日開催で、ごみ搬入が月曜日まで2日置くことから、ごみが不衛生にならないように、という目的でもあります。

| | コメント (0)

«10/31 会津若松市議会を訪問しました